スポンサード リンク


2018年10月29日

銚子外港の海釣りで釣れた小魚は味噌汁!

銚子漁港と銚子外港での海釣りで釣れた小魚とシャコを持ち帰りました。

小魚はちいさくて食べられないのでふつうは油で揚げると思いますが、揚げるとキッチンの清掃が面倒。
というわけで、味噌汁(あら汁)にしました!

まずは下処理。
うろこは「ペットボトルのふた」だと面白いようにとれました。
ただ、魚が小さすぎて数も多かったので、めんどくさかったー

P1930515.jpg

そして、味噌汁へ。
一晩置いて、さっき飲みました。

P1930517.jpg

玉ねぎの甘みが出ていて、臭みもとれていて、魚のダシが濃くて、かなーーーり美味しかったですよ!
posted by 石崎秀穂 at 06:54| Comment(0) | 遊び(海釣り)

2018年10月28日

銚子漁港で海釣り!親切なひとのおかげで大漁!!!

今日は「銚子漁港」に海釣りにいきました!

前情報なく来たので、車で良さそうな釣り場を探していたのですが、すぐに見つかりました。
波崎新港と同じく広くて、どこでも「車を横付けしての釣り」ができるのですね。

P1050528.jpg

で、「田中釣具店渡船とね丸」さんで何が釣れているのかの情報を仕入れつつ、エサを購入。
先週はコマセを買ったもののほとんど使わなかったので、アオイソメだけにしました。

で、まずは、チョイ投げ!

P1050531.jpg

チョイ投げは放置して、ブラクリ!

P1050537.jpg

すこししたら、チョイ投げのほうでシャコが釣れました。
鬼塚慶次ですね 笑

P1050544.jpg

その後すぐ、男のひとが「何か釣れた?」と話しかけてきました。
話していると、向こう側で小さいイワシが釣れているとのこと。

「でも、コマセは買ってないんだよなー」と思っていたら、な、なんと!

コマセをいただきました!!!

P1050568.jpg

ありがたい情報にコマセまで…。
やさしすぎる!!!
この男のひとに後光が見えました 笑

そして、教えていただいた釣り場に移動。
ただ、何の情報もなく来たので釣り場のことがよくわからず、「T字のところ」しか覚えていなくて、カーナビで防波堤がT字のところあたりに向かっていると、な、なんと!

その男のひととふたたび会いました!
そして、丁寧にイワシが釣れている場所を教えていただきました。

ま、眩しい!

というわけで、「銚子外港」のほうでサビキ釣りをはじめました(帰宅後、その釣り場が銚子外港だとわかりました)。

P1050574.jpg

はじめは釣れなかったのですが、「釣り人が密集、しかも魚が釣れている」あたりにいくと、な、なんと。

P1050575.jpg

釣れました!

P1050576.jpg

で、14時30分から15時あたりに入れ食いタイム、スタート。

P1050614.jpg

このまま釣っていれば数十匹にはなったでしょうが、(遠方で)帰れなくなるので、釣りは終了。
結果は19匹!!!

P1050683.jpg

親切なひとがいなければ、シャコ1匹だったでしょうね。
この親切はほかの誰かに親切することで返そう、と思った一日でした。

P1050684.jpg

というわけで――。

サビキ釣りは「魚が回遊してくれば」誰でも入れ食いです。やることといえば、サビキ用のカゴにコマセをいれて竿を上下に振るだけです(「竿をしゃくる」といいます)。

・最安値のやつでいいので「竿」「リール」、それと「ライン(釣り糸)」「サビキ用の仕掛け」「サビキ用のカゴ」「コマセをカゴに詰めるちいさなスコップみたいなやつ」を買う(リールにラインを巻いて、あとはライン、サビキ用の仕掛け、カゴを結ぶだけ)。
・車で銚子漁港、銚子外港あたりをまわって、サビキで釣れているかどうかを見回る。
・釣れていれば、現地の釣具屋さんでコマセを買う(溶けているもの。釣れないこともあるので一番量が少ないものでいいと思います)。

運が良ければ魚が回遊してきて、食べきれないほどの魚が釣れると思います。
というわけで、家族連れかカップルで、海釣りにいってみるといいのではないでしょうか!
※家族で釣っているひとたちもそこそこいましたよ。
posted by 石崎秀穂 at 22:55| Comment(0) | 遊び(海釣り)

2018年10月20日

子どもでも大丈夫! 波崎新港で、海釣り!

今日は、晴天の予報。
またまた「海でじゃぶじゃぶ!」というわけで、波崎海水浴場に向かったのですが、小雨…。
何より、寒い…。
20℃でしたが、ガンガンに冷房をかけまくった部屋で水遊びするようなものですからねー

方向転換で、「海釣り」にしました!

海釣りといえば、万単位のお金がかかる釣り具。
そして、マヅメの時間帯と満潮が重なる日に釣りへ。
時間帯は、朝か夕方(朝マヅメ、夕マヅメ)。 
もしくは、みんな寝静まっている真夜中(夜釣り)。

うーん。
たいへん。

だから、わたしの場合は、子ども向けの釣り具セット(最安値)。

P1050015.jpg

そして、釣れなくても全然かまわない、むしろ釣れると困るというスタイル 笑
だって、魚を焼くとグリルが汚れてしまいますからね。

というわけで、まずは、エサを買うために釣具屋さんへ。

P1050010.jpg

そして、「波崎新港」へ。
なんと、いつもの波崎海水浴場のほんの少し奥にありました。

P1050011.jpg

広い!
車を横付けできるので、かなーーーーーーり、いい感じ!
なぜ車を横付けができたほうがいいのか?

・釣り具や簡易椅子を運ばなくてもいい! すぐに取り出せる!
・寒くなれば車内に退避できる!
・ファミリー釣りに最適!(家族連れは2、3組ほどでしたが)
・ご飯も車内で食べられる!(フルフラットの車だと極楽)

P1050018.jpg

が、今日は強風
波しぶきが全身にかかって、そのたびに心が折れそうになりました。
強風の日は場所を選べば大丈夫と釣具屋のひとは言っていましたが、わたしの心は折れませんでしたよー
もっともセレナは、潮でびしょ濡れになって「洗車コース」になってしまいましたが。

で、竿は3本あったので、つぎのようにしました。

・チョイ投げ→放置
・サビキ釣り→まわりのひとたちが釣れれば(群れが周回してくれば)釣り
・ブラクリ釣り

というわけで、ブラクリ釣り。
ブラクリ釣りって難しそうな感じがしますが、「ブラクリ」と書かれているおもりつきのハリを買って、ラインにつなげるだけのお手軽な釣りです。

P1050016.jpg

水深が深い港で真冬だと、壁際を狙うと、アイナメが釣れます。
ちいさなころ、大きなアイナメを何匹も釣っていたのが懐かしいー!

P1050017.jpg

「エサがつつかれてるな」と思ったら、コイツ。
腹にささって、可愛そうな事をしました。

P1050050.jpg

ヒトデが釣れました 笑

P1050056.jpg

「コツン!」ときて合わせたら、メバル。

P1050057.jpg

で、チョイ投げは途中でリールの取っ手の部分がとれてしまいましたが(笑)、それをくっつけて釣っているとアナゴが釣れました。

P1050066.jpg

サビキ釣りは不発。
コマセはほとんど使わないまま、隣のひとにあげました。
あと、釣りの時間が短かったので、余ったアオイソメもほかの釣り人にあげました。

というわけで、結果は外道と小物だけでしたが、まあ、なんちゃって釣りですからね。
楽しかったですよー

P1050075.jpg

まとめると、波崎新港は広くて車で横付けできるので「釣り経験が浅いひとたち」に特にお勧めです!

P1050032.jpg

…どうでもいい話、晴れ予報だったのに、帰ると大雨。
「波しぶきで洗車コースだったけど、ちょうど潮が落ちていい!」と「洗濯物がびしょ濡れ」とのトレードオフでした 笑

posted by 石崎秀穂 at 20:57| Comment(0) | 遊び(海釣り)