スポンサード リンク


2016年08月18日

またまた水輪フィッシングセンター、そして玉淀河原

うちの近くはほとんど雨が降らないとの予報だったので、近くの公園にいこうと思っていましたが、せっかくなので、東秩父あたりまで遠征することにしました。

すこし仕事して、昼前に出ようとしたら、なんと、大雨……。

が、すでに行く準備は終わっていたので、雨よけがあって多少の雨なら大丈夫そうな「水輪フィッシングセンター」に向かいました。
※木曜は定休日ですが、8月は無休とのこと。

「でも、東秩父も大雨だと無駄足に……」と思っていたら、北本市あたりから雨は降っておらず、東秩父も大丈夫でした。

というわけで、水輪フィッシングセンターで釣り開始!!!

P1400229.jpg

流れのあるところで釣りましたが、食いがよくありませんでした。

が、ほかに誰も客がいなかったので――。

P1400273.jpg

ニジマスを焼いて食べました。

P1400327.jpg

食べている間に、雨が降ってきて、雨脚が強くなってきました。
釣っているときではなくて、よかった、よかった。

P1400333.jpg

ちなみに、今回は、焼き代などすべて込みで、ニジマス1匹あたり700円くらいでした。
ニジマスの数が少なかったので、前回、前々回に比べると、多少、高くなったようです。

そして、すこし車を走らせて、里の駅 アグリン館にいきました。
シフォンケーキとコーヒーのセットを注文。
セットで、なんと、350円なり!

P1400354.jpg

コーヒー休憩したあとは、車をすこし走らせて「玉淀河原」にいきました。
玉淀河原は、河原でバーベキューや川遊びできる定番のスポットですが、平日で曇天、しかも雨が降った後だったので、外国人の家族連れや夫婦がいたくらいで、ガラガラでした。

P1400361.jpg

雰囲気よかったですよ。

P1400362.jpg

ただ、休日になると大勢のひとで埋め尽くされるのでしょうねー

P1400363.jpg

で、せっかくなので、じゃぶじゃぶしようと思ったのですが――。

P1400389.jpg

また泡か……。
外国人の子どもたちは、水着でじゃぶじゃぶしていたので、わたし自身、贅沢になったな、と思いました。
雨でにごっていただけだと思うので、再訪したいと思います。
タグ:埼玉観光
posted by puffer at 22:05| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年08月12日

ふたたび、水輪フィッシングセンターでニジマス釣り!!!

今日は長野県にいこうと思っていたのですが、大渋滞。
仕方がないので、下道で東秩父に向かいました。

目指すは、水輪フィッシングセンター!!!

抜け道を駆使して、なんとか到着。
釣りを開始しました。
前に来たときと同じ「手前の池」で釣っていたのですが……。

P1390605.jpg

前は入れ食いだったのですが、今日のニジマスは、エサをとるのが、やたらうまい。
とはいえ、一応、釣りの経験はあるので、すぐに一匹目を釣りあげました。

が、だんだん、活性が落ちてきたので(エサに見向きもしなくなってきたので)、例の底にエサをつける作戦で、二匹目をゲット。

「エサを…」
「タナを…」

……などなど、いろいろと工夫しながら釣っていると、ある家族連れがやってきました。

その父親が、子どもたちに「手前の池にいるニジマスは釣れないよ。エサに見向きもしない。流れがあるところで釣らないと」と。

小学生の女の子が、父親の言う通り、奥の流れがあるところで釣りはじめたのですが――。

何の工夫もなく速攻で釣っていました。
しかも、二匹連続。

なるほど。
ここでは活性が高いニジマスは奥の流れのところに集まるのか!

P1390626.jpg

釣り師のプライドはゼロなので、心のなかで、その父親に「ありがとうございます!!!」と感謝しつつ、奥の流れのところで釣りはじめたら、速攻で釣れました。

わたしの工夫、努力は何だったんだ、と(笑)
でも、まあ、結果オーライということで。

で、魚を食べました。

P1390677.jpg

昭和のレトロな感じが、なんかいいですねー

P1390678.jpg

その後、前回と同じく、槻川の河原に移動して、セレナから椅子を取り出して、バックドアを日よけにして昼食にしました。
ほんと、のどかでいいところです。

P1390699.jpg

食後は、童心にかえって虫をとりました。
巨大なバッタがいましたよ(すぐにリリース)。

P1390717.jpg

そして、川遊び!!!
三波石峡と鳥羽川河川公園で川遊び!!!に続く。

※参考までに、水輪フィッシングセンターの料金ですが、今回も焼き代も込みでニジマス1匹あたり600円くらいでした。ただ、人数などによって料金が変わるので、あくまで目安ということで。
タグ:埼玉観光
posted by puffer at 22:56| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年08月08日

水輪フィッシングセンターでニジマス釣りをして川遊び!!!

昨日も、やたら暑かったのですが、まずは東秩父にある「水輪フィッシングセンター」に行きました。

P1390125.jpg

釣堀になっています。

P1390131.jpg

ニジマスが、うじゃうじゃいます。

P1390134.jpg

というわけで、釣り開始!!!
一番乗りだったので、入れ食いでした。

P1390140.jpg

釣った魚は持ち帰るのはもちろん、焼いて食べることもできます。

P1390255.jpg

自分で焼くので、楽しかったですよ!!!

P1390256.jpg

食後は、水輪フィッシングセンターの裏にある川で、川遊び!!!

P1390257.jpg

収容人数は少なそうですねー

P1390265.jpg

水は綺麗でした。

P1390267.jpg

ちなみに、水中の写真です。
透明度、高いですね!
ただ、歩くと、茶色い藻でもやっと濁りましたが。

P1390268.jpg

奥に進むこともできます。

P1390304.jpg

石をよけると、サワガニが沢山いました!

P1390312.jpg

オタマジャクシやカエルもいました!

P1390316.jpg

というわけで、ニジマスを釣って、食べて、川で遊ぶことができました!!!
槻川と神流川の河原で、川遊び!!!に続く。

<料金の目安など(2016年時点)>
・焼き代など、すべて込みで、ニジマス1匹あたり600円くらいでした。ただ、人数、ニジマスの数によって、料金は変わるので、あくまで参考ということで。
・最初に竿とエサ代として200円支払います。焼いて食べる場合、食後に、焼き代とニジマスの料金を支払います。焼き代は、1人200円で(2歳から料金がかかるようです)、ニジマスはグラムあたりの料金です。公式サイトにニジマスの目安の価格があります。
・釣れなくてもニジマスを網ですくってくれるようです。せっかく釣りにいったのに、釣れなくてニジマスを食べられなくて…とならないので安心ですね!

<川遊びについて>
・水輪フィッシングセンターで食事をしないと、川遊びできないようです。
・入口にサンダルが置いてあったので、ハンカチやタオルがあれば川でじゃぶじゃぶできるようです。

<続く>
posted by puffer at 09:01| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年07月30日

八千穂レイクでニジマス釣りした後は、川遊び!!!(長野県、群馬県)

今日は、まずは「八千穂レイク」にいきました。

1.jpg

遠かったー!
しかし、時間をかけてきただけありました。

なぜなら、ニジマスが、うじゃうじゃいて――。

3.jpg

入れ食いだったからです!!!
やはり管理釣り場は、こうでないと!!!

2.jpg

それに、自然あふれるロケーション!!!

4.jpg

自然のなかでの釣りはいいですねー

5.jpg

癒されます。

6.jpg

というわけで、早々に「5匹」というノルマは達成しました。
※1500円で「貸し竿」「エサ」「5匹まで」です(2016年時点)。

釣ったニジマスは、レンタルコンロを借りて調理できます。
※レンタルコンロは、1000円(2016年時点)

ただ、自分でワタをとらないといけないとのこと。

ワタの取り方ですが、な、なんと!
箸で取るとのこと!!!

店のひとに、1匹、お手本を見せていただいたあとに、チャレンジ!!!

これが、なかなか、おもしろかったです!!!

7.jpg

そして、自然あふれるなかで、焼きました。

8.jpg

自分で釣った魚を、自分で処理して(ワタをとって)、自分で焼く――プチBBQの気分!
いつもより美味しく感じました!!!

9.jpg

そして、十国峠という名の酷道(R299)を通って、群馬県へ。
「旧黒澤家住宅」に立ち寄りました。

10.jpg

歴史ある古民家のようで。

11.jpg

今後、歴史に興味をもつことがあれば再訪したいな、と。

12.jpg

ちなみに、旧黒澤家住宅のすぐ近くの河原は、降りることができます。
地元民らしき子どもたちが、水着姿でシュノーケルを持って、この河原に向かっていたので、川遊びができるようですねー

13.jpg

そして、車をすこし走らせて「神流町恐竜センター」へ。
お目当ては恐竜ではなく、前回行きそびれた「せせらぎ街道」。
ここは河原に降りることができて、川遊びができます。

14.jpg

というわけで、ざぶーん!!!

15.jpg

藻が気になりましたが、水がかなり綺麗!!!

16.jpg

家族連れが楽しそうに川遊びしていました。
わたしは、オタマジャクシを手で捕まえては、放して…を繰り返していました。

17.jpg

帰り、道の駅「龍勢会館」に立ち寄りました。

18.jpg

走行距離は400キロを超えましたが、それに見合うだけの価値はありましたよ。
posted by puffer at 22:22| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年07月25日

松原湖周辺の釣堀でニジマス釣り!!!

神流町恐竜センター、上野ダムに行ったあと、松原湖周辺の釣堀にいきました。

P1370963.jpg

本日のメーンのニジマス釣り!!!
まあ、釣り歴は長いですからねー(とはいっても、真剣に取り組んだことがない、なんちゃって釣り師ですが)
というわけで、釣り開始!

しかし――。

「アタリ」はありましたが、ウキが、ピクン、ピクン、すこし動くだけ。
しばらくすると、アタリがなくなりました。

・すこしだけウキが動く
・しばらく、ウキさえも動かなくなる

この繰り返し。
※ちなみに、入れ食いの管理釣り場では、ウキが完全に沈みます。ウキが沈んだときにあわせると(=竿をすばやく上げると)釣れますが、ウキを見ていなくても釣れます(ただ針を飲み込まれています)。ニジマスではない場合も、ウキがピクン、ピクンしているくらいだと、あわせても、釣れないことのほうが多いです。

「釣れないなー 誰か来ないかなー」

ずっとそう思っていました。
ちなみに、なぜ、そう思っていたのかというと、ここでの釣果があるひとがくれば、どのような仕掛け、どのような釣りかたなら、釣れるのかわかるため(あと、ここはどの程度釣れるのかがわかるため)。

P1370980.jpg

すると、家族連れがやってきました。
父親が、「エサを底につける」のようなことを言いつつ、丹念に水面から底までの距離を調べているではないですか!

これは釣りの経験が豊富にちがいない!!!
しかも、速攻で一匹ニジマスを釣り上げていました。

そのひとたちの仕掛けのタナをパクる…いや、参考にさせていただき、タナをすこし深くしました。
ただ、相変わらず、ウキが、ピクン、ピクン、すこし動くだけ……。
しかも、ウキが横にスーッと動くような感じも……。

「ここには、スレているニジマスばかりいて、エサをつついているだけではないか、と」

そこで、ピクンとあった瞬間にあわせました。
すると――。

P1370992.jpg

コツがわかれば、こちらのもの!!!

P1370999.jpg

もうすこし時間をかければ、もっと釣れたでしょうが、家までの距離が200キロを超えているので、帰ることにしました。
それにしても、ここの管理人は気さくなひとでしたよ!!!

そして、帰路についたのですが、峠道をつっきろうと「恐竜の足跡」の道なりを進んでいたら、管理釣り場がありました。
神流町恐竜センターのつぎに恐竜の足跡にいっていれば、わざわざ長野県にいかなくてもニジマス釣りができたようで。
「セレナのカーナビだと、この管理釣り場、見つけることができたのに」と思ったとさ。
タグ:長野観光
posted by puffer at 08:20| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年06月26日

「道の駅 あしがくぼ」と「矢納フィッシングパーク」、ふたたび!

今日は、まずは、「道の駅 あしがくぼ」で、川遊び!!!
いつものように椅子で陣取りました。

P1360053.jpg

そして、ざぶーん!!!

P1360060.jpg

今日はカエルとおたまじゃくししか捕れませんでした(すぐにリリース)。

P1360061.jpg

でも、楽しかったです。
ちなみに、第二駐車場に車を停めたのですが、川遊びには第二駐車場のほうが便利のようです。ただ、「帰りにトイレにいきたい」「水道水で手足を洗いたい」「何か食べたい」などがあるなら、第一駐車場のほうが便利ですが。

P1360067.jpg

そして、車をすこし走らせて、「鳥羽川河川公園」にいきました。

P1360122.jpg

今日は、川沿いの道がどこまで続いているのかを見るためにすこし歩きました。
結構、下流のほうまで整備されていましたよ。

P1360137.jpg

藻もだいぶんなくなっていました。
そろそろ川遊びできますかねー

P1360141.jpg

ただ、遊歩道は雑草が伸び放題で歩けませんでしたが。

P1360144.jpg

そして、「神流湖」に移動しました。
わたしが見たなかで一番、水位が下がっていました。

P1360152.jpg

神流湖に沿った道を走っていると「西神山森林公園」を発見。
道をすこしくだると、駐車場がありました。

P1360156.jpg

ふと見たら、まったく手入れされていない…。

P1360157.jpg

「これはダメかも…」と思いつつ、道路を歩いていくと、野生の紫陽花が綺麗に咲いていました。

P1360161.jpg

そして階段を発見。
この階段から公園にいくのですかね…。
断念して、車に戻りました。

P1360167.jpg

その後、神流湖に沿った道を走ったのですが、道幅がかなり狭い上に、上から木の枝がぶらさがっていたりして、大変な目にあいました(枝は車を傷つけるので、わざわざ車から降りて枝をよけて、としました)。
メーンの道に戻って、「矢納フィッシングパーク」にいきました。

P1360219.jpg

前回の釣りで、矢納フィッシングパークでの釣りは極めたはず!!!

やはりというべきか、速攻で一匹釣れました。

「今日は楽勝!」

そう思ったのですが、後が続かず…。
なんとか二匹目は釣りましたが、そこからまったく釣れなくなりました…。

突っ立っていたら、速攻で4匹釣ったおじさんが近寄ってきて「エサのイクラが底につくようにすると、すぐに釣れるよ!」と親切に教えてくれましたが――。

ずっと、その釣り方をして、まったく釣れていないんですよ…。

あまりに釣れないので「2匹でいいっか…」と思う自分もいましたが、理系としてのプライドがあきらめることを許しませんでした!!!(釣り師のプライドはありません)

どうすれば釣れるのかを考察。

まずは、試しに白くなったイクラを池に投げ入れてみました。
すると、仕掛けについているイクラには興味さえ示さなかったニジマスがパクリと食べるではありませんか!

「これは、針が見えていて、ニジマスに見切られているのでは…」と思って、イクラのつけ方を工夫。

しかし、イクラはすぐにプチッとなるので、工夫できず…。
ネットで見かけた「イクラ2個付け」を試しましたが、ここでは通用せず…。

その後、「ウキが悪いのではないか」という仮説を立てました(ウキが着水した音で警戒されているのかもしれない、ニジマスが「ウキ=ヤバいもの」と学習しているのかもしれないと思ったため)。

ウキを外して、エサを底につけてみたら、なんと!
速攻で残りの2匹が釣れました!!!

P1360260.jpg

くだらないことなのに長くなりましたが、矢納フィッシングパークでは、「底にエサをつけて釣ると釣れやすい」「底にエサをつけるなど工夫をしなくても、ひたすら待っているだけでも釣れることがある」のようです。

速攻でエサに食いつくようなニジマスは、午前や昼に来た客にすでに釣り上げられていたから、釣れなかったのかもしれないな、とも思っています(昼下がりから釣りはじめました)。実際、今日は、前回、前々回よりもニジマスの数が少なかったですし。

その後、釣ったニジマスを焼いてもらい、美味しく食べました!!!

P1360235.jpg
posted by puffer at 23:56| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年06月11日

埼玉で小物釣りにチャレンジ!

熱帯魚のふぐを飼っていたころは、よく小物釣りをしていました。
手長エビ、ヌマチチブ、クチボソなど、たくさん釣れましたねー
でも、いろいろあって、熱帯魚の飼育と釣りはしなくなりました。

それから数年。
日々、観光地めぐりをしていますが、埼玉では「釣りができる池」を見かけます。

次第に「小物釣りしようかなー」と思うようになってきました。

ただ、めんどくさいのは嫌なので、ミミズをつけて釣ろうとも思いましたが、ミミズを触るのもなーということで、今日は試しに「食パン」をエサに小物釣りをしてみることにしました。

食パンで鯉を釣ったことはありますが、小物釣りでははじめて。

釣れるのかなー

というわけで、まずは「西城沼公園」。
フナ釣りのひとたちでにぎわっていました。

01.jpg

杭、石ころがあって、魚はいそうだけど、浅い!?

02.jpg

というわけで、釣りを開始!
すぐにエビ特有のアタリがありましたが、アタリが小さい。
タナゴ用のものすごく小さな針だったのですが、それにもかからないので、「(エサに食いついているのは)かなり小さなエビなんだろうな」と思ってたら、そのうちアタリもなくなりました。

03.jpg

暑い…。

04.jpg

小さな網で杭のまわりをすくうと、5mmくらいのエビと2mmくらいのヌマチチブらしき魚がとれました。

かなり小さいのしかいないじゃん。
そりゃ、釣れないわ。

いや、いろいろとこだわれば、きっと釣れるのでしょうが、めんどくさいし、わたしが望むような釣れかたはしないだろう、ということで、撤収。

05.jpg

車で15分ほどのところにある「山ノ神沼」にいきました。
数は少ないですが、フナ師がいました。

06.jpg

土管と杭のまわりにいそうと思って、釣ってもアタリさえなく…。

07.jpg

用水路にいるかも、と思って、釣ってもアタリさえなく…。
「赤虫じゃないと釣れないのでは…」と思いはじめ、あと昼近くで暑かったこともあって、すぐに撤収。

08.jpg

車を運転していると、ふと「このままだとボウズじゃん…」と…。

かなり距離はありましたが、「あの場所」に向かいました。

そうです。
「矢納フィッシングパーク」です。
誰でも釣れる管理釣り場です。

釣り師としてのプライドは持ち合わせていません(笑)
そもそも、なんちゃって釣り師ですしねー

すでに、そこそこひとがいました。

09.jpg

この前、釣れた、流れのあるところで釣りはじめました。

10.jpg

でも、まったく釣れない…。アタリさえない…。
ほかのひとはバンバン釣っているのに、まったく釣れない…。アタリさえない…。
タナをかえてみたのですが、まったく釣れない…。アタリさえない…。

11.jpg

釣り師としてのプライドはまったくないので、バンバン釣っていたひとがいなくなったら、そのひとの場所に移動しました。

12.jpg

でも、釣れない…。アタリさえない…。
ほかのひとはバンバン釣っているのに、まったく釣れない…。アタリさえない…。

塾に居残りさせられて、1人、また1人と課題を解いて帰っているのに、自分だけ居残りさせられているような気持ちに…。

「思い返せば、今日はどこに行ってもまったく釣れないや…」と、悲しくなってきました…。
「こんな悲しい想いをするくらいなら、もういいや…。帰ろうかな…」とも…。

こういうときに、どうするのか?
釣れているひとの仕掛けを見るのですよねー

でも、管理釣り場だから仕掛けは同じはず、と思っていたら、わかりました。

タナをかえていたことを。
タナを試行錯誤していると、ようやくわかりました。

この管理釣り場では――。
※今の時期だけかもしれません。

・エサのイクラが水中に漂っていると、ニジマスは食べない(うまく流れにのせれば、話は別だとは思います)。
・エサのイクラが底について、そのままにしていると、そのうち食べるニジマスが現れる(当初は、やたらウキから針までが長くてエサが底についていたので、タナをかえました。それが失敗のもとでした)。
・ほかのひとが釣れているときは、食い気のあるニジマスはこちらに来にくい(そのときは、のんびり待つしかないと思います)
・ウキが動いて、あわせてもいいが、結構、バレる。そのまま放置していれば、そのうち飲み込むニジマスがでてくる(誰でも苦労なく釣れるということです)。ただ、針を飲んでいるので、針はずしの使い方を事前に調べておいたほうがいい(針はずしは手を洗うところにありました。針に返しがないので、かなり奥まで飲みこんでさえいなければ、結構、かんたんに針をはずせます)。

というより、貸し竿では、すでに釣れるようになっていたので、あとはニジマスが多いところで釣りさえすれば釣れたようです。

これがわかったので、釣れはじめました。

ただ、すぐに終わるとつまらないので、2匹、釣ったあとは、わざと釣れないようにして遊びました。
その後、エサがなくなってきったので、4匹目を釣って、魚を焼いてもらいました。
待ち時間はやはり長く感じます。

13.jpg

池のほうを見ると、入れ替わりで家族連れがきていました。
あとで車のナンバーを見たら、ほとんど熊谷ナンバーだったので、北埼玉のほうのひとたちには有名なところなのかもしれません。

14.jpg

そして、ニジマスの炭火焼きが完成!
食べました。

15.jpg

これで、全部込々で2,000円ほどだったので、またすぐにリピートすると思います!

その後、城峯公園に移動しました。
まずは、レストハウスで、ソフトクリーム休憩。

16.jpg

展望台にいきました。
下久保ダムと神流湖が見渡せました。

17.jpg

というわけで、「埼玉での小物釣り」は敢えなく撃沈しました。
今度は赤虫を投入しようと思いましたが、あの赤い血が、ね…。

※タナとは?
大ざっぱにいえば、ウキから針までの長さのことです。時間帯、水温(季節)、魚の習性などによって調整します。たとえば、ニジマスには「暑くなれば浅いところにいる」などの習性があるそうなので、「真夏はウキを針のほうに動かして、ウキから針までの長さを短くする」みたいなことをします。

※貸し竿のタナについて
リピーターが結構いるようで、そのひとたちが貸し竿のタナを釣れるようにかえているのか、店のひとがかえているのかは不明ですが、貸し竿は釣れるようなタナで調整されていました。
posted by puffer at 23:15| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)

2016年06月04日

ザリガニ釣りとニジマス釣りで釣り三昧!?〜三橋総合公園、矢納フィッシングパーク

今日は神流川の上流にいこうと思っていたのですが、外環と関越道の事故渋滞で諦めました。

ということは――。

ザリガニ釣り、ふたたび!

というわけで、「三橋総合公園」に向かったのですが、道中、車に網を積んでいなかったことを思い出して、カーナビで見つけた「イオンモール与野」に立ち寄って網などを購入しました。

そして、三橋総合公園へ!!!

でも――。

P1340446.jpg

あれ?
み、水がない???

P1340447.jpg

網を片手に、途方に暮れてしまいました…。
ふとまわりを見ると、ザリガニ釣りに来たであろう家族連れがいて、同じく途方に暮れていました。

でも、わたしは、あきらめない!!!

すぐ隣の「ウェットランド」にはいるのではないか、ということで行ってみました。

P1340448.jpg

草が生い茂りすぎていて、気分は川口浩 探検隊(笑)
しかし、同じく水はありませんでした。

P1340455.jpg

先に進むと――。

P1340462.jpg

み、水!?
水があるじゃん!

P1340463.jpg

しかし、ザリガニがいる気配はありませんでした…。
仕掛けをつくって探ればいいのですが、スルメを開封したら臭くて、ザリガニがいる確信がないと…。
仕方がないので先に進みました。

先にも同じような池があったのですが、魚とカエルはいたものの、ザリガニの気配はなく…。

P1340484.jpg

さらに進むと、水質が…。
断念。
わざわざイオンに立ち寄ったのに…。

P1340491.jpg

その後、清流でじゃぶじゃぶしようと、車を走らせて「鳥羽川河川公園」にいきました。
鳥羽川河川公園は、去年の夏、じゃぶじゃぶと遊んだ公園です。
水も綺麗だったなー

P1340537.jpg

じゃぶじゃぶしようと川を見ると――。

P1340538.jpg

ちゃ、茶色のコケ!?
巾着田で見たような…。
というより、水は綺麗なのに、コケのせいで汚い…。
夏になれば消え去るのでしょうが、今はじゃぶじゃぶは無理…。
すこし散歩して引き上げました。

P1340549.jpg

そして、すぐ近くの「矢納フィッシングパーク」にいきました。

P1340579.jpg

ニジマスがたくさんいました。

P1340584.jpg

この手のところは入れ食いで速攻で終わるのが常ですが、入れ食いではなかったので、結構、楽しめました!!!
コツがわかれば、すぐに釣れるようですけどねー

P1340591.jpg

で、別途料金がかかりましたが、炭火で焼いてくれました。
30分ほど時間がかかりましたが、美味しかったですよ!!!

P1340715.jpg

かなり楽しんだのですが、料金も割安でした!!!

ちなみに、人懐っこい猫がいて看板猫だと思っていましたが、店のひとが「野良猫で、追い払っても追い払っても戻ってくる」と話しているのが聞こえました。
招き猫として雇えば、繁盛すると思いますけどねー
給料は1日あたりニジマス数匹で。

P1340716.jpg

事故渋滞で当初の計画が狂い、水が干上がっていてザリガニ釣りができず、川には茶色のコケがあってじゃぶじゃぶできず…。

しかし、最後のニジマス釣りが楽しかったので、「終わりよければすべてよし」の一日でした。
posted by puffer at 23:23| Comment(0) | 遊び(お手軽な釣り)