2017年05月17日

「セカンドカーが、実質、無料」の実感がわいてきた。

車は消耗品なので乗れば乗るほどお金がかかります。

で、年間2〜3万キロ乗っているので、車にかかるコストが高い!

なんとかコストを減らしたいと思い、中古のトヨタiQを導入しました(セレナ(C26)の過走行の対策で中古のセカンドカー(iQ)を買うに至るまでの考え)。

ただ、これは、あくまで紙の上の計算。
本当にトヨタiQを買っても「セカンドカー、実質無料」になっているのかイマイチ実感がわいていませんでした。
いや、むしろ、損したのでは、と感じていました。
で、現在は以下。

・セレナ:5万キロ
・トヨタiQ:2万キロ

セレナのタイヤ(6万円)、ブレーキパット(2〜3万円)を交換、バッテリー(6万円らしい)もそろそろ交換時期。
およそ15万円。
これは過走行でなければかからなかったコスト。
すなわち、もしセカンドカーを導入しなければ、今頃、セレナの走行距離は7万キロ超で、ほかの消耗品も交換して、もっとコストがかかっていたのではないかな、と。

というわけで、「トヨタiQを導入して、得はしていないけど、損もしていないのでは」と実感するようになりました。
※もちろん、トヨタiQも消耗品でコストがかかりますが、車検を通すのは1回だけですし、状態がいいですし、1年点検後の指摘ではそれほどの交換はなさそうな感じでしたしね(その後は廃車)。

とはいえ、セカンドカーを買って結構便利になったので、コストは多少増えてもいいとも思うようにはなりました。

というより、車に乗らなければ今ほどのコストはかからないのは確かなのですけどねー
posted by 石崎秀穂 at 10:02| Comment(0) |

2017年05月12日

セレナ(C26)の一回目の車検が案外高かった

日産ディーラーでのセレナの車検が終わりました。
一回目の車検なので、そんなにお金はかからないだろうと思っていたのですが、セレナでは年間2万キロくらい走っていますからね(3年弱で51000キロほど)。
税金の優遇措置があった分、つぎの代金がかかってしまい――。

・リアディスクブレーキパットは残量2.5mmなので交換。
・フロントディスクブレーキパットは残量5.5mでまだ乗れますが、さらに走行距離がのびそうなので、この機会に交換。
・エンジンオイルなどを交換。

で、結局、10万円を超えました。

これに加えて、バッテリーの液量が減ってきていること、3年経過していることでバッテリーの交換をすすめられました。
が、C26のバッテリーはバカ高いので、もっと使い倒したいと思い、あと、バッテリー液を補充すればいいじゃんと思って、却下しようと思ったのですが――。

消耗品ですからね。
とりあえず、つぎのエンジンオイルの交換時期(4か月後)まではもつようなので、先延ばしということで。

これに加えて自動車税の時期。
先日、タイヤの交換で6万円の出費があったばかり。

一気に出費ですねー
posted by 石崎秀穂 at 01:08| Comment(2) |

2017年05月08日

トヨタiQは運転に自信がない人が乗るべき車ではない!

トヨタiQに乗って、そろそろ二年が経とうとしています。
当初から運転しにくいな、駐車しにくいな、と感じていましたが、いまだにそう思います(年間3万キロは乗っているので、運転は下手ではないと思います)。
いまだに不満なのは、以下の点。

・ちいさい車なのに、いくつか死角があって、しかもそれが大きい
※たとえば、左ななめ前の死角。今はさすがに慣れましたが、縁石などがあって、ぎりぎりの左折のとき、かなり神経を使っていました。

・ドアミラーが小さいうえに、車長が短いので、駐車しにくい
・ちいさな車のくせに、ドアが巨大(狭い駐車場のとき、隣の車にめちゃくちゃ気を遣います)

あと、最初はあまり不満に思わなかった「室内が狭くて荷物をほとんど載せられない」が、だんだん辛くなってきました…。

で、いろいろなところに行っていると、ここ最近、よくトヨタiQを見かけるようになりました。

不人気で生産終了、中古の価格が下落しているのでしょうかねー

運転手を見ると、たいてい高齢者か、運転に自信がなさそうな人たち。
きっと、つぎのように考えて買うのでしょう。

・車幅は普通車と同じですが、車長が短いので、小さく見える → 運転しやすくて駐車もしやすいはず!?
・軽自動車は安全性に不安が残る → トヨタiQは普通車なので安全なのでは!?
・コンパクトカーや軽自動車ほど、荷物を積めなくてもいい

でも、二年近く乗って思うのは、トヨタiQは、「運転しにくい」「駐車しにくい」なので、トヨタiQは、車好きで、運転にそこそこ自信があるひと向きの車だな、と思います。
それに、室内の狭さは最初は何も感じなくても、じわじわ辛くなっていくのかな、と。

それを強く実感したのが今日。
セレナの代車でマーチがやってきて、さっそく100キロほど走ってみたのですが――。

・左ななめ前の死角が小さいなど、トヨタiQよりも断然死角が少ない
・トヨタiQほどではないものの、小回りがきく(これで十分!)
・加速も十分で運転しやすい
・ドアミラーは小さいですが、見やすくて、駐車もしやすい
・ドアが小さいので、狭い駐車場でもあまり気を遣わない
・荷物もそこそこ積めて感動!(トヨタiQでは整頓してなんとか入れたものが、余裕で入りました)

ほんと、マーチにしたいです…。
駐車場があと50センチあれば…。

というわけで、運転に自信がないのならば、トヨタiQは強くお勧め「しません」。期待を裏切られますから。
マーチなどのコンパクトカー、安全性を気にしないのなら軽自動車にしたほうがいいですよ。

ちなみに、代車はオレンジ色。
ふだんは絶対に選ばないカラーですが、車それ自体にはほとんど興味がないので、あまり気になりません。
ただ、禁煙車のくせに、タバコ臭いのが難点…。そして、なぜかスタッドレス、しかも1本だけノーマルタイヤ…。


image.jpg
posted by 石崎秀穂 at 21:28| Comment(0) |

2016年12月14日

「トヨタiQで駐車すると斜めになる」ことへの対策

トヨタiQに乗って、1年3か月。
駐車のとき、どうしても斜めになってしまいます(ちなみに、セレナなどのときは、斜めになりません)。

その原因は以下。

・トヨタiQの全長がかなり短いので、独特な癖がある
・トヨタiQのサイドミラーが小さくて、駐車のとき、いちいち下げないと駐車場の線や車止めなどが見えない(わたし自身、サイドミラーに頼って駐車しています)

そこで――。

■対策1:後ろを向きながら駐車する

斜めになりにくいのですが、今度は「幅」がうまく調整できません(横幅は普通車並みなので…)。

バックの際の車幅感覚を身につければいいといえば、それまでですが、後部座席のヘッドレストが邪魔ですし、あと2年くらいしか乗らないですからねー

■対策2:ドアを開けて、真っ直ぐかどうか確認する

いま、これをしていますが、面倒で…。

■対策3:駐車のとき、サイドミラーを下げる

いちいち面倒ですし、サイドミラーを下げる暇がないことも多々あります。

■対策4:車用補助ミラーなどを付ける

・サイドミラーの下などに貼りつけるタイプ → 「ガソリンスタンドなどで洗車しにくくなる」「風圧で飛ばされると後続車の事故につながるかもしれない」
・サイドミラーに貼りつけるタイプ → 「案外おおきいようで、サイドミラーの視野が狭まるので嫌(慣れなのかもしれませんが、車線変更をたびたびするので…)」
・後付けのフェンダーミラー → コストがかかるようです。

で、車内にミラーをつければいいのでは、と思い、いろいろなところで試してみましたが、車内だと駐車場のラインや縁石はどうしても見えません。

そこで、苦肉の策。

今日、カメラの自分撮り用のミラーを貼り付けてみました(笑)

小さすぎてかなり見にくいですが、いちおう、後ろは見えます。
駐車の際に役立たなくて、明日あたりに撤去しているかもしれませんが(笑)、記事にしてみた次第です。

ETSUMI コンパクトカメラアクセサリー マジックミラー(セルフ撮影用) E-1831を購入します。350円くらいです。
・カメラで使っていたら2か月ほどで鏡面部分が剥がれて使い物にならなくなったため、ミラーのうえにセロテープをはりつけました。
・車用の強力両面テープで、サイドミラーにくっつけました。

■追記
結果ですが、ミラーの大きさの分だけ、役立っています。要は微妙ということですね(笑)

具体的には、ショッピングモールの駐車場のようにラインがはっきりわかるところだとミラーでなんとか見えますが、ミラーが小さいので駐車するときにまったく見えませんし、見ません。
駐車したあとで、じっくり見ると歪んでいるかどうかはわかりますが、ドアを開けて確認したほうがはやいかな、と。
とはいえ、まったく役立たないかといえばそうでもないので、そのままにしておく予定です。

■さらに追記
結局、取り外しました。やっぱ、役立たなかったです。

1.jpgP1530051.jpg
posted by 石崎秀穂 at 10:05| Comment(0) |

2016年11月27日

セレナのバックドアのリコールでディーラーへ

ずいぶん前にセレナのバックドアのリコールがありましたが、ディーラーでの点検の結果、まだ大丈夫とのことで対策品への交換は後回しになりました。

で、すこし前に部品が来たと電話がありました。

しかし、日々多忙で「そろそろ行かないとなー」と思いつつ、先延ばししていたら、電話が…。
エンジンオイルとエンジンオイルフィルターの交換時期でもあったので、都内のカフェで仕事したあと、埼玉のディーラーにいってきました!

その後、野暮用で都内に戻ってから、帰宅。
よくよく考えると、都内の日産ディーラーでリコールの作業をしてもらえば往復せずに済んだな、と。

posted by 石崎秀穂 at 22:06| Comment(0) |

2016年09月21日

トヨタiQのフロアマットがやたら濡れる

mixiに「エアコンを長時間使っていると、エパポレーターから出た水がうまく排水されず、その水が室内に侵入。フロアマットが濡れる」と書きこまれていました。

で、今年の夏、我がトヨタiQでもその現象が確認されました(頻繁に乗っていたからなのか、フロアマットが、びしょ濡れでした)。

そこで、今日、法定12か月点検のついでに話してみると――。

・対策の部品がある
・部品は取り寄せになる
・乾かすのに時間がかかるので、作業時間は1〜2時間くらいかかる

――とのこと。

サービスキャンペーンやリコールではないのでお金がかかるようですが、カビるので修理してもらおうと思っています。
自分でもなおせるようですが、車に無知ですしねー
※参考:http://minkara.carview.co.jp/userid/458520/car/1724799/3088195/note.aspx

それにしても、ほんと、ネットって便利ですね!
ネットがなければ、「なんか、かび臭いなー」くらいでフロアマットの濡れは気がつかなかったでしょうし。

で、午後から「さいたま水族館」にいきました。

・年間パスポートの期限が切れても、捨てずに持っていてほしい
・本館が復活するまで、年間パスポートの発行はできない

――と受付のひとに言われました。

P1440659.jpgP1440660.jpgP1440670.jpgP1440698.jpgP1440699.jpgP1440719.jpgP1440720.jpgP1440728.jpg
posted by 石崎秀穂 at 13:33| Comment(0) |

2016年07月09日

セカンドカーを、実質、無料で手に入れて、維持費もタダにする!【途中経過10か月目】

観光地めぐりをしていると年間2〜3万キロ走るので、車にかかるコストがかなり高くなります。また、全長が長いセレナだと、いろいろと不便なこともあります。

そこで、車のコストカットのため、また小回りのきく車にして便利にするため、セカンドカーとしてトヨタiQを導入して、そろそろ10か月。

現在までの走行距離などをもとにして計算すると、「このまま大きな修理がなければ、セカンドカーを、実質、無料で手に入れて、維持費もタダ」になります(トヨタのロングラン保証にはいっているので、あと2年とすこしは、走行に関する大きな修理費はかかりません)。

ただ、トヨタiQの廃車予定のあと3年とすこし、つぎのようにしないといけません。

・現在の月間走行距離(平均):2,600キロほど
・セレナの月間走行距離:1,600キロ
・トヨタiQの月間走行距離:1,000キロ

また、セレナの廃車の予定を考えると、トヨタiQにいくら乗っても得することはありません。

トヨタiQだと便利だな、と思う反面、不便だなということもあるので、微妙なラインです。
セレナだけにして、ミニバンを短期間で買い替えるほうがよかったのかな、とも思わなくもないです。
あと、近所で軽自動車の駐車場がかなり安かったので、軽自動車にすればよかったのかな、とも思わなくもないです。

posted by 石崎秀穂 at 07:48| Comment(0) |

2016年05月04日

執筆とトヨタiQのタイヤ交換

今日は都内のカフェなどで執筆したあと、日産ディーラーにてトヨタiQのタイヤを交換しました。

タイヤは、前と同じ、ブリジストンのEX20C。

結果は、振動が軽減して静かになって、乗り心地がかなり良くなりました!

はじめて乗ったときは、振動が強くて車酔いしてしまうほどでしたが、「エンジンの吸気口の掃除」「排気ガス分配管の交換」もあって、もう、ほかの車と大差ないように思います。

これで中・長距離の観光地めぐりも大丈夫です!!!

ちなみに――。

・タイヤには命を預けるので、ディーラーか、タイヤ館みたいなタイヤ専門のところで交換すると決める
・トヨタのディーラーとタイヤ館で見積もりをとる。金額はほぼ同じ。
・やはりディーラーで、と思い、トヨタのディーラーに電話したが、希望の日時に予約をとることができず
・セレナの法定一年点検があったので、日産のディーラーでも見積もりをとる。金額はほぼ同じ
・トヨタの車なので、やはりトヨタのディーラーにしようと思ったら、ゴールデンウィーク休みで連絡がとれず
・日産ディーラーで予約して、今日、タイヤを交換

つぎのタイヤ交換の前に、廃車ですかねー
外装も内装も綺麗で状態もよさそうなので、そのときもまだ乗れそうな気もしないでもないですが。

image.jpg
posted by 石崎秀穂 at 20:39| Comment(0) |

2016年04月29日

タイヤのサイドウォールにひび割れ

昨日は夕方から、日産ディーラーにて、セレナの法定12ヶ月点検とリコールの整備でした。

法定12ヶ月点検の結果は、タイヤのサイドウォールにひびが入っていて、あとタイヤの製造年から3〜4年くらい経っているので交換が必要とのこと。

商魂たくましいところなので、「今すぐ必要?本当?」と言ったところ、「つぎの車検で」とトーンダウン

とりあえず見積もりだけもらって家で調べると、確かにサイドウォールのひびは危ないらしいのですが、日本自動車タイヤ協会、ブリヂストンのサイトを見たら、まだまだ乗れるレベルのようで。

※PDFへのリンクなので重いです。
http://www.jatma.or.jp/tyre_psd/safenews72.pdf

とはいえ、年間2万キロくらい乗っているので、半年後〜1年後(つぎの車検)に交換ですね。
今と同じタイヤにすると、8〜9万円のようです。

リコールは、リコール対象の台数が多すぎるので、点検して当面問題なさそうなら後日交換、必要があれば部品交換とのことでした。

で、ついでにトヨタiQのタイヤ交換の見積もりもとってみました。

金額は横並び。

タイヤ交換で1時間くらい待たされるので、居心地がいい日産ディーラーにしようかな、と思いつつも、トヨタの車だしなーとも。

ちなみに、自分の都合のいい時間帯に予約したのですが、サービスデーみたいなものになっていて、車内清掃とキーの電池交換もしてもらえました。

1.jpg
posted by 石崎秀穂 at 08:34| Comment(0) |

2016年04月27日

ディーラーとタイヤ館でトヨタiQのタイヤの見積もり

トヨタiQのタイヤの溝は4mmあってまだ乗れそうですが、タイヤの製造年から7年くらい経っていて、滑るような気が…。

トヨタiQにはあと3年半、どれだけ長くても5年くらいしか乗らないので、タイヤの替え時かな、と。

で、沼津にいたころ、「スタッドレスタイヤ⇔サマータイヤ」の交換やエンジンオイルの交換で、何も考えずイエローハットに行ったら酷い目にあったので、「どこでタイヤを買えばいいのか」「どのタイヤにすればいいのか」をネットで調べました。

<どのタイヤを買うのか>
1.国産タイヤ
2.格安のアジアンタイヤ

車、特にタイヤには命がかかっているので、2はNGかな、と。
これからさらに走行距離がのびるでしょうし。

<どこでタイヤを買うのか>
1.ネットでタイヤを格安で買って、タイヤを取り付けてくれるところに持ち込む方法
2.イエローハット、オートバックスなどの量販店でタイヤを買う方法
3.個人経営の車屋でタイヤを買う方法
4.タイヤ館のようなタイヤ専門店でタイヤを買う方法
5.ディーラーでタイヤを買う方法
※ネットの情報によると、1から順に代金が高くなるようです。

1ですが、手間暇がかかるので、わたしにはNG。
そもそもネット通販にはいろいろなリスクがありますし、タイヤの取り付けも安いところを探せばあるようですが、タイヤには命を預けますしねー

2ですが、川口のイエローハットはそこそこよかったのですが、沼津のイエローハットでは酷い目にあった、すなわち系列や店舗による差が激しそうですし、車、特にタイヤには命がかかっているので、NGかな、と。

3ですが、地元民の口コミがあればいいのですが、孤高の人間なので(笑)、情報がなくてNG。

というわけで、4と5の「タイヤ館」と「ディーラー」でタイヤの見積もりをとりました。

結果は、60,000円くらい VS 63,000円くらいで、タイヤ館のほうが若干安いようで。

ただ、このくらいの差であれば、乗り心地をかなり改善してもらいましたし、今後お世話になるのでディーラーかな、と。

ちなみに、価格comでタイヤの値段を調べると最安値で1本7,000円くらいでした。4本だと28,000円。
格安のところでタイヤ交換すると工賃などで1万円くらいのようなので、最安値で4万円ほどのようです。

2〜3万円ほどの価格差。

ネット通販だと手間暇がかかります。
また、タイヤにはあと3年半〜5年ほど命を預けます。

ネット通販のほうを詳しく調べていれば、時間の無駄になるところでした。

posted by 石崎秀穂 at 17:01| Comment(0) |