2018年10月09日

DMC-GX7MK2の性能をDMC-GF5と比較してみた。

(動物園なので)望遠レンズをつけて、設定は面倒なのでインテリジェントオートで、DMC-GF5(1210万画素、2012年)と、DMC-GX7MK2(1600万画素、2016年)を比較してみました。

まずは、DMC-GX7MK2の写真。

MK21.jpg

つぎに、DMC-GF5の写真。

P1920673.jpg

そして、DMC-GX7MK2の写真。

MK22.jpg

最後に、DMC-GF5の写真。

P1920691.jpg

わたしには違いがわかりませんでした。
確かに画素数はかなりちがいますが、そんなに写真を引き伸ばす機会ってないですからねー

しかし!

使い勝手が天と地ほどちがいました。
DMC-GX7MK2の圧倒的勝利。
カメラ好きのひとたちの評価が高いカメラって、ほんと、使いやすいです。

posted by 石崎秀穂 at 17:41| Comment(0) | カメラ・写真

2018年10月02日

DMC-GX7MK2を購入

先日壊れたDMC-G6の代わりに、DMC-GX7MK2を買いました。
今度は最安値からすこし高かったのですが、実店舗があるショップで購入しました。

P1040067.JPG

お、重い…。

P1040068.JPG

で、シャッター回数を調べたら、G6と同様、ゼロではありませんでした。
出荷時にテストするのですかねー

P1040069.JPG

で、2年前の型落ちなので「4Kフォト」なるものが搭載されていました。
「動画から写真を切りだしても綺麗」というのがウリのようで。ただ、800万画素になるようですが。
よくわからないので、どういう利用価値があるのか調べてみました。
結果は以下。

「スポーツや飛行機など被写体の動きがはやい場合、雷のようないつ落ちるかわからない場合、ふつうに撮影するのには、かなりの腕が必要。しかし、4Kフォトだと動画撮影のように撮影するだけなので、決定的な瞬間を撮影できる」

要は、以下。

(従来)「決定的瞬間にピントも露出もばっちりの写真をパシャリ」
(4Kフォト)「ずーっと撮影→決定的瞬間→撮影終了」「あとで、決定的瞬間の写真を取り出す」。

で、「既存のビデオカメラで、写真を切り出せばいいんじゃない?」と思いましたが、「既存のビデオカメラは1秒間に30枚の写真を撮っているようなもの。ただブレている。だから、既存のビデオカメラで撮影した動画から写真を切り出すと、質がかなり悪い」とのこと。

なるほど。
で、わたしの場合ですが、冬に自然あふれるところにいくとカワセミとかとやたら遭遇しますし、望遠レンズもあるので「魚を捕る瞬間の写真」を撮れるわけですね。

やらねー 笑

ずいぶん前にはパノラマ写真がでてきて、「パノラマ写真は使えるかも」と思っていましたが、「写真の処理→サイトにする→ネットにアップ」の手間暇がやたらかかるので断念しました。
ほかにも、一応、JPEGと一緒にRAWも残していますが、RAWの処理、面倒でしないですねー
結局、わたしの場合、手間暇がかかると使わないってことで。
で、4Kフォトも後処理があるっぽいので使わなさそうですねー

いずれにしても、今度は大切に使います!!!

<DMC-GX7MK2のシャッター回数の調べかた>
1.「AF/AE LOCK」+「再生」+カーソルボタンの「右」を押しながら、電源を入れる。
2.「AF/AE LOCK」+「MENU/SET」を押したまま、カーソルボタンの「左」を2回押す。

posted by 石崎秀穂 at 09:23| Comment(0) | カメラ・写真

2018年09月30日

H-H025とH-X025の比較

カメラに興味がないので、つぎの2つの交換レンズの違いがわかりませんでした。
具体的には「F値が1.7とF値1.4の差が価格差(2.5万円)の価値があるかどうか」がわかりませんでした。

・2万円ほど:LUMIX G 25mm/F1.7 H-H025
・4.5万円ほど:ライカ DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025

で、H-X025の内部の曇りもなくなったことですし、実際に比べてみました。
※条件は一定にしたかったのですが、H-X025はピントが合わずにすこし離しました。

まずは、H-H025(2万円ほど)。

1.jpg

つぎに、H-X025(4.5万円ほど)。

2.jpg

確かに、高いほうのH-X025のほうがやや明るいですね。
インテリジェントオートにして撮影すると、H-H025のほうはISOが500、H-X025のほうはISOが320でしたし、やはりH-X025のほうが明るいのでしょう。たぶん。

H-X025の内部を曇らせてしまったので、もうすこし差があるのかもしれませんが、それを加味してもわたしのような人間からはどうでもいいレベルの差なので、今後は安いほうのH-H025ですねー
夜景とか洞窟とかで撮影する機会はほとんどなくなりましたしね。

posted by 石崎秀穂 at 09:09| Comment(0) | カメラ・写真

交換レンズ(H-X025)の内部に曇りが…。

ミラーレス一眼の交換レンズである「LUMIX G 25mm/F1.7 H-H025」と「ライカ DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. H-X025」の画質がどのくらい違うのか比較しようと写真を撮っていたら、H-X025の写真に白いモヤがかかっていました。
「何コレ?」と思っていると、交換レンズの内部がみるみる曇っていきました
ここでピンときました。

昨日はミラーレス本体のDMC-G6に交換レンズのH-X025をつけて写真を撮っていましたが、小雨
で、いきなりG6の画面が真っ黒に…(再生や設定などはできます。センサー部分のシャッターみたいなのが閉まったままです)。
帰宅後、別の交換レンズをつけても、画面は真っ黒のまま。
で、H-H025とH-X025の比較をしようと、写真をとっていたら、H-X025の内部がみるみる曇っていって…。

そうです。
雨を甘く見ていて、交換レンズとミラーレス本体に水が入り込んでしまったのですね。
やってしまいました。

・GF5を買ったときについていたズームレンズが壊れる ← たぶん3万円くらいの損失。
・G6が壊れる ← 5万弱の損失。
・H-X025が使い物にならなくなる ← 5万弱の損失。

10万コース。
車を派手にこすったくらい? 失笑

ミラーレス本体はどうしようもないですよね。
修理に出すと、おそらく2万円コース。
中古の状態がいいG6で27000円ですし、修理してもまた壊れる可能性もあるので修理はありません。 諦めて、別のミラーレスを買いました。

で、H-X025のほうは、ドライヤーを遠くからあてて暖かくしたら、すこしは曇りがとれたのですが、常温になると元に戻ってしまいました。
そこで、つぎのようにしました。

「ジップロックにH-X025と乾燥剤を詰めて、ストローでジップロックからできるだけ空気を吸い出して放置」

が、入り込んだ水滴の量が多いようで、1時間くらいでは「曇り」は消えず…。
しかし、翌朝、曇りは消えていました。


でも、もうかつてのような性能はないですよねー

いやー
自らが招いた不注意とはいえ、へこみますね。

が、ひとは痛い目にあうと成長します。
今日、以下のようにすると心に決めました!
雑だったわたしが一歩だけ成長したわけですね 笑

・カメラやレンズはドライボックスに保管する
・雑ということがよくわかったので(笑)、高価なデジタル一眼や交換レンズは絶対に買わない(デジタル一眼のエントリー機に手を出そうと思っていましたが、そもそもカメラにあまり興味がないので「携帯性がいいミラーレス」「カメラ本体は型落ちや中古、交換レンズもそれなりの性能で充分」だと、再確認しました)。

posted by 石崎秀穂 at 07:53| Comment(0) | カメラ・写真

2018年09月29日

厄年か!?ズームレンズに引き続き、G6が壊れる…。

今日、所用でDMC-G6を使っていたら、いきなり画面が真っ暗に。
何をやっても元に戻りませんでした。
ずっと調子が悪かったのですが、ここで終了。

で、購入したときのメールを見ると、購入日は2017年10月5日。
ぎりぎり1年以内なので無料保証と思いきや、価格comで最安値の店だったので、「無記名の保証書」「購入明細書なし(※)」。
(※)「サイトにある購入履歴をコピーしろ」とありましたが、さっき販売店のサイトを見たら機能していませんでした。そもそも転売の可能性がある、すなわち、メーカーから無償保証を断られる可能性が大。発売日が2013年と古い機種ですしね。

ま、自己責任ですな。
これがワケがわからないネットの店で買うときのリスクですからねー
ネットで最安値の商品ばかり買っているのですが、こういうことがたまにあるので、結局、正規店で買うのとコストではそんなに変わらないのではないか、と思わなくもないです。

で、シャッター回数を見たら、2万枚。
有料での修理にするか、捨てて新しいカメラを買うか。
迷いますな。
ただ、カメラのキタムラを見ると、中古のDMC G6の状態がいいものが27000円ほど。
たぶん、修理と同じくらいじゃないの 笑

<G6のシャッター回数の調べ方>
1.SDカードをいれる。
2.プログラムモードにする(Pモード)
3.「DISP」「AF/AE Lock」「右矢印(WB)」の3つのボタンぜんぶを押しながら、電源をいれる。
4.「AF/AE Lock」「Menu/Set」「左矢印」の3つのボタンぜんぶを同時に2、3回押す。

posted by 石崎秀穂 at 12:09| Comment(0) | カメラ・写真

2018年09月25日

壊れたズームレンズの代わりに単焦点レンズ(中古)を購入!

海で雑に使うために、先日、中古のGX1を買いました。
シャッター回数が極めて少なくて問題もなかったのですが、つぎの疑惑が…。

<想像>
・GX1が起因で、ズームレンズがエラー
・雑なので(笑)、雑にズームレンズを扱う
・そのうちズームレンズが故障

とはいっても、物はいつか壊れますし、ズームレンズも数年使っていましたからね。
仕方がないということで、レンズを探していました。
見つけたのは、以下の2つ。

■標準ズームレンズの候補:LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 H-FS1442A(1万5000円ほど)

→故障したズームレンズとまったく同じ性能。でも半値ほど。ただ、以前はズームで使うことはなかったので(※)、ズームレンズではなくてもいいのではないか、と。それに、GX1がズームレンズを壊すかもしれませんし。
※すこし歩いて近寄れば済むので、42mmって、ほんと、使いませんでした。

■単焦点レンズの候補:LUMIX G 25mm/F1.7 H-H025(2万円ほど)。

H-X025は25mmなのですが、画角っていうのですかね。狭くて、すこし離れないと画面におさまらないのですよね。それがほんのすこしだけ不便。14mmがちょうどよかったのですが、H-X025で25mmに慣れましたし、14mmだと値段が高くなってしまうのですよねー

結局、F値が低いほうがいいと思って、H-H025にしました。

で、カメラのキタムラを見ていると、H-H025の未使用品が16000円で販売されていたので、購入しました。ひょっとして「H-H025はダブルレンズ キットでついていて、不要だから売却」というひとがいるのですかねー

というわけで、結局、海のためにトータルで3万円ほどを費やしたことになります。

ズームレンズが壊れることがわかっていれば、あと2万円足して、型落ち、とはいってもわたしにとっては性能アップのミラーレスを買えたので「安物買いの銭失い」だったのではないかな、と思わなくはないです。

posted by 石崎秀穂 at 09:37| Comment(0) | カメラ・写真

2018年09月10日

スマホの完全防水カバーで水中を撮影したときの話

昨日、川遊びしているときに「スマホの完全防水カバーで水中撮影」を試してみました!

P1150372.jpg

まずはふつうに撮影。

IMG_20180909_125317.jpg

スマホを水中に沈めていって――。

IMG_20180909_142451.jpg

水中撮影!

IMG_20180909_142503.jpg

結果、水中も撮影できました!
3万円以下の水中カメラと同じくらいの画質ではないでしょうか。

ただ、難点がありました。

・スマホを完全に水中にいれると、画面操作が難しくなりました。きちんと検証したわけではありませんし、コツがあるのかもしれませんが、スマホを完全に水中にいれると画面操作できないかもしれません(いま、レビューを見てみてみたら、やはり水中では反応しなかったそうです)。
・スマホを完全に水中に入れても、スマホの横にある物理ボタンで撮影できましたが、画面操作ができないのでピントをあわせられず、ピンボケ連発でした。
・そこで、スマホを逆さにして、カメラの部分だけ水につけて撮影しました(スマホの一部だけ水中にいれました)。ピントをあわせられてうまくいきましたし、画面操作からカメラの撮影もできました。
・スマホの横の物理ボタンの場合、防水カバーのおかげで押しにくいので、ひんぱんに、スクショを撮ったり、着信音の設定になったりしました(笑)

まとめると「操作しにくいけど」「水中も撮影できた」です。

「うーん、操作しにくいとなー」と一瞬思いましたが、水中カメラでもたいしたものを撮影しませんからね。 それに、水中カメラはすぐに壊れますし、完全防水カバーは1,000円ほどですからね。
これで十分かな、と。

<今回試した完全防水スマホケース>
Anker 完全防水ケース IPX8規格 ドライバッグ 【iPhone 7 / 7 Plus / その他最大6インチスマホに対応】

posted by 石崎秀穂 at 06:55| Comment(0) | カメラ・写真

2018年08月31日

スマホの「完全防水ケース」のレビュー!

今日、国営武蔵丘陵森林公園の水遊び場にいったときに、先日購入した「スマホの完全防水ケース」を使ってみました!

<購入したもの>
Anker 完全防水ケース IPX8規格 ドライバッグ 【iPhone 7 / 7 Plus / その他最大6インチスマホに対応】

こんな感じ。

P1030041.jpg

まず、スマホの操作ですが、スマホの右横にある電源のボタンが押しにくかったものの、操作はできました!
で、写真を撮影!

IMG_20180831_095033.jpg

もう一枚!

IMG_20180831_095303.jpg

なんとなく、白いもやのようなものがかかっているような気がしますが、別の写真ではなかったので、ケースが原因ではないかもしれません。仮にケースが原因であったとしても言われないと気が付かないレベルですけどね。

というわけで、結論。

「1,000円ほどなので、お勧め」です。
川、海、じゃぶじゃぶ池、プールなどの水場では、水没や水に濡れて故障するのが怖くてスマホを使えないですが、これがあれば使えます。

使っているうちにケースの透明部分に細かい傷がついて、撮影に支障をきたすようになるかもしれませんが、買いなおせばいいのではないかな、と。1,000円くらいですし。

ちなみに、完全防水ケースにいれたスマホで水中にいる魚などの生き物を撮影、ついでに動画も撮ってみることもできそうですね。子どもや彼女・彼氏がいるひとは、子どもや彼氏・彼女が潜っている写真や動画も撮れるかもしれません。
もしうまく撮影できたら、「もう水中カメラを買わなくてもいいんじゃないの」とも思いました(3万円までの水中カメラはオモチャで、スマホのほうが写真や動画が綺麗と思います。たぶん)。
※完全防水ケースにいれて、実際に水中撮影してみました(「スマホの完全防水カバーで水中を撮影したときの話)。

posted by 石崎秀穂 at 17:17| Comment(0) | カメラ・写真

2018年08月30日

ど素人には液晶画面の交換は無理だった。

(A)液晶画面が破損したエブリオ
(B)水没させたエブリオ(液晶画面にも浸水したようだけど一応無事)

「新しいビデオカメラも届いたし、廃棄処分するのならば、一層のこと分解して(A)と(B)の液晶画面を入れかえればいいんじゃない?」というわけでチャレンジ!

1.jpg

100均の精密ドライバーだとネジがまわらなかったので、ベッセル(VESSEL) マイクロ ドライバーセット 3本組 精密 ネジ用 +00/+0/-1.8 9902を買いました。
それが今日、到着!

2.jpg

さっそくネジをはずすと、かんたんにはずせました!

3.jpg

ネジを外していったのですが――。

4.jpg

びろーんとなってるやつがハズレない…。
基盤ごと替えるのかなー
基盤は水没してダメになってるだろうしなー

仕方がないので、液晶部分を外そうとしたら、なんと、液晶が割れてしまいました 笑
しかも、こちらにも、びろーんとなっているやつがあって、はずれない。
タッチパネルだからそうですよねー

というわけで、見事、失敗!
素人がかんたんにできるレベルではないことはわかりました 笑
posted by 石崎秀穂 at 20:46| Comment(0) | カメラ・写真

中古のミラーレスカメラが、ほぼ新品だった。

数年前に、新品のDMC-GX1を買いました。
その際に予備バッテリーを買いましたが、数千円だったと思います。たぶん。
で、クソ重い望遠レンズをつけているうちに接続部から痛んだのか、シャッター回数5万回だったからかわかりませんが、予備バッテリーを使う前に壊れてしまいました。

「付属のバッテリーもまだまだ使えるのに、新品の予備バッテリーもあるよ。もったいねー」

そして、バッテリーはクローゼットの奥へ…。
で、今。
海や川などでミラーレスのDMC-GF5を酷使していますが、シャッター回数、9万回ほどでそろそろ寿命を迎えそう。
※カメラに興味がないのでよくわからないのですが、シャッター回数が10〜20万回が寿命だそう。

1.jpg

見た目もボロボロ。
ストラップもボロボロ(先日、かつてのGX1のものと交換しました)。

2.jpg

メーンで使ってるミラーレスのDMC-G6は、買ったときから調子が悪いですし、「海や川などで酷使するのもなー」というわけで、中古のミラーレスカメラを買おうかな、と。
「酷使するしカメラにほとんど興味がないし、GF5と同じくらいの性能があればいいや。ん? GX1だったら、クローゼットの奥にしまってあるバッテリー2個を利用できるんじゃない?」というわけで、ふたたび、GX1にしました。
ただ、ネットで中古カメラを買う場合、シャッター回数を調べられないので博打ですよね。
とはいえ、1万円そこそこだから、状態がよさそうなものでいいっか、と。

というわけで、カメラのキタムラで状態が「AB」のGX1にしました。

そして、到着。
うちのGF5よりも遥かに綺麗 笑

3.jpg

で、届いたGX1ですが、シャッター回数を調べると、な、なんと!
2千回弱。
9万回なのにまだGF5を酷使しようと思っている、わたしにとっては、ほぼ新品。
※車の場合、走行距離10万キロで廃車ならば、GX1は走行距離2千キロ弱。試乗車レベルですね。

4.jpg

ストラップも新品みたいな感じ。
ただ、ストラップの袋を開封したら、なんとなくイカ臭かったですけどね 笑
今日、午前中ザリガニ釣りをして、午前中はイカ臭かったので、なんか運命を感じました 笑
※ストラップは捨てました。

「使いはじめたら不具合が…」「実は内部にカビが…」とかあるのかもしれませんが、まあ、わたしのカメラの扱いは雑そのものですし、カメラのキタムラはカメラの専門店なのでそこはある程度信用しています。
というわけで、今のところ、お得な買い物をした気分です。

※参考:シャッター回数の調べ方

<GX1>
1.SDカードをいれる。
2.プログラムモードにする(Pモード)
3.「DISP」「AF/AE Lock」「右矢印(WB)」の3つのボタンぜんぶを押しながら、電源をいれる。
4.「AF/AE Lock」「Menu/Set」「左矢印」の3つのボタンぜんぶを同時に2、3回押す。

<GF5>
1.SDカードをいれる。
2.プログラムモードにする(Pモード)
3.「再生のボタン(緑の△のボタン)」「Q.Menu」「十字キーの右ボタン」の3つのボタンぜんぶを押しながら、電源をいれる。
4.「再生のボタン(緑の△のボタン)」「Menu Set」「十字キーの左ボタン」の3つのボタンぜんぶを同時に2、3回押す。

で、表示されている画面の意味。

・PWRCNT:電源を入れた回数。
・SHTCNT:シャッター回数
・STBCNT:内蔵フラッシュの発光回数

※過去の記事を見た感じ、G6のシャッター回数も上記のいずれかで見れたようです。たぶん。

posted by 石崎秀穂 at 20:31| Comment(0) | カメラ・写真