スポンサード リンク


2019年01月14日

怒鳴り散らす老害

「道の駅いちごの里 よしみ」に立ち寄ったら、赤いボロ軽自動車が路駐。
ちょうど出入り口。
しかも、歩いているひとも結構多かったので、邪魔、迷惑!
※実際、曲がったところで、歩行者や、出てくる車などがありました。

1.jpg

で、買い物をしてきたら、そこに、あらたに銀のアクアかプリウスが停まっていて、老人が老人夫妻を怒鳴りつけていました。

クソ迷惑。
それに、すぐ近くに、ちびっ子たちがいるじゃないか。

が、わたしが仲裁にはいれば絶対に騒動が大きくなるので(笑)、ウォッチしていましたが、しばらくして警官がやってきました。
誰かが通報したのでしょうねー

このブログは観光ブログですが、「老害シリーズ」ができつつあるほど、老害は頭がおかしい。
下手に関わると、とばっちりを食らうので、通報で正解!

2.jpg

で、ウォッチしていると、おそらく、ですが、迷惑路駐している赤いボロ軽自動車に、銀のアクアかプリウスの左ミラーが当たったようで。
流れでいうと、怒鳴り散らしていた老害が、赤いボロ軽自動車の持ち主なのでしょうねー たぶん。

もしそうなら、迷惑な路駐してるからじゃねーか 笑
しかも、その軽自動車、ボロいじゃねーか 笑


これが公道ならば過失は半々と思いますが(←個人的な見解)、道の駅の敷地内で物損、すなわち警官は関わらないので、ややこしくなりそう。
老人夫妻が可哀そうに思いました。

でも、この程度の路駐をよけられないようなら、運転してほしくないですけどねー

このような老人同士のいざこざ。
巻き込まれた道の駅のひと、警官が一番の被害者だったのかもしれませんね。

ちなみに、老害とは「非常識な老人」という意味です。すべての老人が非常識なわけではないので、あしからず。
タグ:老害
posted by 石崎秀穂 at 17:36| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。