スポンサード リンク


2018年10月03日

たて続けに2件の交通事故直後に出くわす

数日前は「高齢者」と「おばちゃん」による交通事故直後に出くわしました。
車のへこみかたなどから鑑みると、おそらく以下。

「高齢者か、おばちゃんの運転する車がセンターラインをはみだして、衝突

さっきは「高齢者」と「のぼり龍の服を着たおかた(笑)」による交通事故直後に出くわしました。
ここ、スピードを出す車が多いので、おそらく以下。

「ノロノロ運転の高齢者の車を追い抜こうとしたら、ふらふら寄ってきて、衝突
※1車線、追越し可能なところで追い抜こうとしたら、センターラインによってくるクソと何回も遭遇していて、運転手は、たいてい高齢者やジジイ。なので、そうではないかな、と。

もう、ね。
ここ近年、ラインをはみだす車とやたら遭遇するようになったので、以下のチェックもしないといけなくて、ものすごーーーく気を遣います。

・2車線以上なら横の車がラインをはみださないかどうか(特にカーブ)
・対向車が、センターラインをはみださないかどうか

本来、ほかの車のラインのはみだしなんてチェックしなくていいんだよ!
ラインくらい、はみださないように運転しろよ!!!!!!

で、わたしの体感と同じく、ここ最近になってラインのはみだしが増えているのならば、団塊の世代が高齢者になって判断能力が落ちたことが原因ではないか、と思っています。
もしそうならば、団塊の世代がいなくなるまでの間、すなわち、数年から10年ほどは物損事故が増えるでしょうね。
ま、何の統計データもない妄想ですけどね。

ちなみに、帰り、夕簿の危険な時間帯、車通りがそこそこある道路にて、サッカーをしている子どもとアホ母親がいました。
子どもを殺したいのでしょうねー
そして、こういう子どもが「幸運にも」大人になることができると、「このくらい」と危険運転をするようになるのでしょうねー
迷惑極まりないですね。

posted by 石崎秀穂 at 18:12| Comment(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。