スポンサード リンク


2018年09月13日

埼玉県のじゃぶじゃぶ池をめぐる旅 〜 第十一弾は「戸塚中台公園」

今日は「戸塚中台公園」のじゃぶじゃぶ池を紹介します。
ただ、もう夏も終わりなので、ここで本当に子どもが遊んでいるかどうかは確認できませんでした。

■水質:微妙。「消毒しているけど、あまり期待しないでほしい」というような旨の看板もありました。
■雰囲気:そこそこ広めのじゃぶじゃぶ池です。流れもあるので、楽しめるのではないでしょうか。

※全景です。これに加えて流れもあります。

P1030215.jpg

※なんとなく水質がわかるのではないでしょうか。

P1030217.jpg

※この公園に限った話ではないですが、ガラスなどがあるかもしれないので、サンダルをはかせるようにしましょう。

P1030218.jpg

※流れです。

P1030225.jpg

※注意書きの看板です。

P1030230.jpg

■規模:それほど広くありませんが、流れもあるので、多少、人数がいても遊べると思います。
■遊び:未確認です(ここ数日、秋の涼しさだからか、誰も遊んでいませんでした)。
■アドバイス:
・駐車場は狭いので、もし停められなかったら、オリンピックの隣のタイムズに停めるといいかもしれません(オリンピックで買い物すれば1時間もしくは2時間無料)。
・着替えは車内になると思います。
・大型遊具1つとアスレチック遊具が2つほどあります。あとはそこそこ広い芝生広場もあります。しかし、地元民のための小さめの公園なので、遠方からわざわざ来るようなところではありません。
・水道は未確認です。
・ご飯は、すぐ近くにオリンピックがあって一階にフードコートらしきところもありますし(焼き立てパンなど)、オリンピックがある通りにファミレスもあります。

じゃぶじゃぶ池の「基本」です。

・日よけ、着替えにサンシェードはあったほうがいいです。
・幼児の場合は砂遊びセットがあったほうが盛りあがります。100均やホームセンターでも売っています。
・幼稚園児から小学生低学年の場合は水鉄砲があれば盛りあがります。100均にもありますが、ネットやホームセンターにある本格的な水鉄砲をお勧めします。

<注意事項>
・幼児の場合、ふつうのオムツ禁止のところが多いです。水遊びできるオムツを買いましょう。ドラッグストアで売っています。
・サンダルなどの履物は必須です。子供はキッズシューズ ベビー サンダルのように、紐で固定できるものにしたほうがいいです。
・水着姿で遊んでいる子供たちもいますが、公園によります。水質がよさそうな、じゃぶじゃぶ池だと水着のほうが盛りあがります。
・水分をとれるように水筒などを持っていきましょう。
・公園のベンチは空いていることのほうが珍しいので、サンシェードで陣地をつくりましょう。
・ペットは禁止です。
posted by 石崎秀穂 at 12:34| Comment(0) | 遊び(じゃぶじゃぶ池)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。