スポンサード リンク


2018年07月30日

埼玉県のじゃぶじゃぶ池をめぐる旅 〜 第四弾は「北本市子供公園」

朝一で「北本市子供公園」にいきました。

■水質:かなり微妙。ただ看板には「水道水を循環」と書いていますし、水着姿で顔をつけてバシャバシャしている子供たちがいたので、大丈夫でしょう!

※水質がわかる写真
1.jpg

※注意書き
2.jpg

■雰囲気:そこそこ広いです。「棚田」みたいなところからはじまって、蛇行した「小川」、そして最後は「池」という定番のじゃぶじゃぶ池です(たとえが、おっさん 笑)。

※全景
3.jpg

※棚田みたいなところ。
4.jpg

※蛇行した小川
5.jpg

※池
6.jpg

※先ほどの全景とは反対側からの写真
7.jpg

■規模:そこそこ広いです。
■遊び:池の部分では水着姿で遊ぶ子供がいました。顔をつけてバシャバシャしたり、ハイイロゲンゴロウをとったりしていました。そのほかでは水鉄砲で遊ぶ子供たちがいました。子供が小さい場合は、砂場セットのうち、ジョウロウ、バケツを持っていくといいかもしれません。
■アドバイス:
・平日は大丈夫だと思いますが、休日は駐車場が混むと思います(たぶん)。その場合はすこし離れた空き地にみえる駐車場(「石戸蒲ザクラ」の駐車場)に停めるといいかもしれません(停めてはいけないかもしれませんが、停めている人がたくさんいます)。
・子どもは、直射日光を避けるために「帽子」は必須です。
・親は、日を遮るところもありますが、先客がいると思うので、サンシェードがあったほうがいいと思います。
・車ですこし走ればマクドなどがありますし、北本駅までいけば何か食べるところがあります。
・真夏は暑いので、遊ぶ子供たちはすくないかもしれませんが、子供たちが喜ぶ大型遊具もあります。ローラー滑り台もあります。小動物もいます。あわせて遊ぶといいかもしれません。

8.jpg

じゃぶじゃぶ池の「基本」です。

・日よけ、着替えにサンシェードはあったほうがいいです。
・幼児の場合は砂遊びセットがあったほうが盛りあがります。100均やホームセンターでも売っています。
・幼稚園児から小学生低学年の場合は水鉄砲があれば盛りあがります。100均にもありますが、ネットやホームセンターにある本格的な水鉄砲をお勧めします。

<注意事項>
・幼児の場合、ふつうのオムツ禁止のところが多いです。水遊びできるオムツを買いましょう。ドラッグストアで売っています。
・サンダルなどの履物は必須です。子供はキッズシューズ ベビー サンダルのように、紐で固定できるものにしたほうがいいです。
・水着姿で遊んでいる子供たちもいますが、公園によります。水質がよさそうな、じゃぶじゃぶ池だと水着のほうが盛りあがります。
・水分をとれるように水筒などを持っていきましょう。
・公園のベンチは空いていることのほうが珍しいので、サンシェードで陣地をつくりましょう。
・ペットは禁止です。
posted by 石崎秀穂 at 17:38| Comment(0) | 遊び(じゃぶじゃぶ池)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。