スポンサード リンク


2018年07月25日

幼稚園児、小学生低学年には「足利フラワーパーク」での水遊びがお勧め!!!

今日は「足利フラワーパーク」にいきました。
藤の花で有名な植物園ですが、真夏には「ちょっとした」水遊び場ができます。

もし、幼稚園児から小学生低学年までの子どもがいるのならば、そのなかの「ウォーターキャノン砲」がお勧め!

ボタンを押すと、「プシュー」と噴水がふきあがり、雨のように水が落ちてくるだけのものですが、子どもたちは楽しそう!

びしょ濡れになりますけどね 笑

で、ウォーターキャノン砲を囲むように椅子が配置されているので、親はそこから見守ることができます。

1.jpg

しかも!

子どもの着替えもできます(子どものための更衣室があります)。

2.jpg

なかはこんな感じ。

3.jpg

常連の子どもは水着姿。
はじめてのひとの子どもは、びしょ濡れ。

常連かはじめてか、一発でわかります 笑

水遊びのあとは、カブトムシやクワガタがすこしですが展示されているので、見るといいですよ。

4.jpg

週末には、昆虫とふれあえるようです。たぶん。

5.jpg

カメとも、ふれあえます。

7.jpg

ザリガニ釣りもできます(有料)。
ザリガニ釣りは、田んぼの水路で釣ったほうが楽しいですが、ここは清潔なので「ママ」にいいのではないでしょうか。

6.jpg

あとは金魚すくいもできますし、入口にプチ縁日もあります(いずれも有料)。

8.jpg

ちなみに、疲れたら、藤ソフトクリームで一服!
レストランもあります。

P1870600.jpg

至れり尽くせりですねー

これで入園料は大人300円、子供100円。
しかも、チケットが割引券になっていて、次回は200円引き。
つまり、リピートすれば、大人100円、子ども無料ですね 笑
※ここの入園料は時期によって変動します。正確な料金は公式サイトをご覧になってください。

「足利フラワーパークのためだけに東北道に乗ってわざわざ」という遊び場ではないですが、近くのひとや、ほかにもどこか行くところがある場合はお勧めです!
※車だと羽生が近いので「さいたま水族館」「羽生水郷公園」とあわせてまわると遠方からでも来る価値があるかもしれません。

で、今日は、その後、車を走らせて野田市の「ひまわりの里」にいきました。

<続く>
posted by 石崎秀穂 at 17:03| Comment(0) | 遊び(その他の水遊び)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。