スポンサード リンク


2018年07月15日

埼玉県のじゃぶじゃぶ池をめぐる旅 〜 第一弾は「大崎公園」

今年の夏は、「じゃぶじゃぶ池」をめぐろうと思っています!

第一弾は「大崎公園」!
昨日訪れたのですが――。

■水質:公園のひとが網でゴミをすくっているので、汚いという感じはしないですね。

P1120117.jpg

■雰囲気:人口の小川という感じでしょうか。

P1120102.jpg

■規模:そこそこ長いです。

P1120082.jpg

■遊び:遊びの要素はありません。じゃぶじゃぶするだけですが、水着を着ている子供、水鉄砲で遊んでいる親子は楽しそうでした。芝生広場、大型遊具、小動物園で遊んで、暑くなればじゃぶじゃぶ池へ、がいいかな、と思います。

■アドバイス:
・日陰なので遊ぶのにはいいのですが、「蚊」が多いです。虫よけは必須です。
・公園の規模に見合わないほど広大な駐車場がありますが、大崎公園には小動物園、大型遊具、芝生広場、釣り池などもあって、家族連れに人気なので、朝早い時間にいったほうがいいかもしれません。
・車で15分くらいですかね。美園駅近くに「イオンモール美園」があるので、あわせてまわるといいと思います。休日は混んでいますけどね。

じゃぶじゃぶ池の「基本」です。

・日よけ、着替えにサンシェードはあったほうがいいです。
・幼児の場合は砂遊びセットがあったほうが盛りあがります。100均やホームセンターでも売っています。
・幼稚園児から小学生低学年の場合は水鉄砲があれば盛りあがります。100均にもありますが、ネットやホームセンターにある本格的な水鉄砲をお勧めします。

<注意事項>
・幼児の場合、ふつうのオムツ禁止のところが多いです。水遊びできるオムツを買いましょう。ドラッグストアで売っています。
・サンダルなどの履物は必須です。子供はキッズシューズ ベビー サンダルのように、紐で固定できるものにしたほうがいいです。
・水着姿で遊んでいる子供たちもいますが、公園によります。水質がよさそうな、じゃぶじゃぶ池だと水着のほうが盛りあがります。
・水分をとれるように水筒などを持っていきましょう。
・公園のベンチは空いていることのほうが珍しいので、サンシェードで陣地をつくりましょう。
・ペットは禁止です。

posted by 石崎秀穂 at 14:44| Comment(0) | 遊び(じゃぶじゃぶ池)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。