スポンサード リンク


2018年05月19日

ふなばし三番瀬海浜公園で潮干狩り!!!

潮干狩りのシーズンですねー
ただ、アサリを持ち帰って砂抜きしないといけない、すなわち、すぐに帰宅しないといけないので、都心から近い「ふなばし三番瀬海浜公園」の潮干狩りにいってきました!

平日ですが、駐車場はそこそこ埋まっていました(満車にはほど遠いのですが)。

1.jpg

あさりハンターが出勤してますねー(笑)

P1110030.jpg

時間が余ったので、芝生広場で一服。
あとで、「どこにでもある芝生広場ではなくて、砂浜にサンシェードを置いて海で生き物さがししたり、水遊びできる噴水でじゃぶじゃぶするんだった」とは思いましたが、ゆっくりできました。

P1110036.jpg

時間になったので、潮干狩りの利用券を買いにいきました。
近くのデイリーなどのコンビニで、潮干狩りの前売り券を買えば若干安くなると書いていましたが…。

そのために歩けないですよねー
「がんばってデイリーまで歩いていく→喉が渇いてアイスクリームを買う」となるのが目にみえてましたしね。

P1110070.jpg

ちなみに、貸し熊手もあります(1本200円)。

P1110071.jpg

チケットを買った後すぐに海へ!
やはり、海はいやされますねー

P1110074.jpg

開始時間まで、海で生き物観察!

P1110094.jpg

「何の穴かなー」と思ってたら、カニだったんですねー

P1110101.jpg

続々とバス客がやってきました。

P1110114.jpg

わかっていました。
平日で人は少なくて、また潮干狩りの会場も広いので、並ぶ必要はないのはわかっていました。
一目でいい場所がわかるわけではないので一番にはいっても、意味はないのはわかっていました。

が、並びました。
「一番」のために(笑)

P1110130.jpg

潮干狩り、開始!

P1110134.jpg

童心にかえれますね!

P1110162.jpg

シオフキガイ!
大昔は知識がなかったので、すでにあさりが採りつくされていたことに気がつかず、「大きな貝(シオフキガイ)を大量ゲット!!!」とワクワクしながらアサリの計量へ。
「これ、食べられないんだよねー」と選り分けてくれて、持ち帰りがほとんどなかったことを思い出しました(笑)
※正確には「シオフキガイは食べられる。でも砂がなかなか抜けない」そうです。

P1110183.jpg

平日なので人が少なくていいですねー

P1110189.jpg

そして、潮干狩り、終了!
アサリを大量ゲットできました。
ちなみに、「熊手でアサリがいそうなところを掘る→アサリを発見!→そこに大量のあさりがいることがあるので、あとは周辺を手で探る!」でかんたんにゲットできました。

P1110196.jpg

水道で砂を落としたあと、水遊びができる噴水へ。
平日なので数は少なかったのですが、子供たちが楽しそうに遊んでいましたよ。

P1110233.jpg

クーラーボックスにアサリをいれて、帰宅しました。

<持ち物(潮干狩り会場に持っていったもの)>
・熊手
・タオル
・水
・カメラ(さびるのでお勧めできませんが…。形あるものいずれなくなりますし、思い出を残すためにもカメラを持っていくのも「あり」だと思います!)
・空のペットボトルとスーパーの袋(海水を持ち帰るためです。別の記事で書きますが、砂抜きのカゴ2つでペットボトル3本でした)

<持ち物(車内)>
・クーラーボックス

<持っていけばよかったもの>
・携帯できる椅子(疲れます。ただ、海水があるところで使うとパイプの中がさびて、すぐに壊れてしまうことがあります)
・バケツ(あとでアサリを選別したのですが、アサリをバケツにいれておけば便利だったな、と)

<服装>
・長靴ももっていったのですが、暑かったのでサンダル
・半パン
・帽子を忘れないように!

<その他>
・日焼け止めを塗らないと真っ黒になります。わたしは真っ黒になりました(笑)
・あさりをいれる袋(ミカン袋のような袋)は無料でもらえます。
・水道で足を洗う場所はありますが、全身を洗えませんので、調子にのって海辺でごろごろ砂まみれにならないように(笑)
・砂まみれの服などを入れられるようにスーパーの袋を余分に持っていくといいかもしれません。
posted by 石崎秀穂 at 06:12| Comment(0) | 遊び(海)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。