スポンサード リンク


2017年03月26日

滑川町エコミュージアムセンター、高山社跡など

昨日は、東北道が混んでいたので、北上しつつ、ガソリンスタンドのドトールでコーヒー休憩して、と、下道をのんびり走って「滑川町エコミュージアムセンター」までいきました。

で、滑川町エコミュージアムセンターですが、規模はちいさいのですが、ミヤコタナゴをはじめとする淡水魚の水槽をいくつか見ることができる施設です。外の川沿いには遊歩道がすこしあって散歩できます。

昔、熱帯魚を飼っていただけに楽しめましたよ!

その後、車を走らせて「高山社跡」までいきました。
高山社跡からすこし離れたところに無料駐車場があって、小川を渡ると遊歩道があります。
その遊歩道の途中には「高山社情報館」、その先にすこしだけ竹林があって、高山社跡までいくことができます。

で、高山社情報館ですが、絹産業についての資料がすこしだけ展示されている小さな建物です。
高山社跡は、絹産業に貢献した高山長五郎氏の生家で、絹の生産法の研究、社員の指導などを行っていた場所です。世界遺産である富岡製糸場と絹産業遺産群の構成資産のひとつです。

富岡製糸場とあわせてまわるといいと思います!

そして、「鮎川湖」を通って、「土と火の里」までいきました。

で、鮎川湖ですが、管理釣り場がメーンのようです。
土と火の里は、染め物など、さまざまな工芸品をつくることができる施設です。

鮎川湖は通りかかっただけなので、釣り人の船がたくさんあったなーくらいの印象、土と火の里は時間がなかったので外観を撮影しただけで引き返しました。ただ、料金が案外高くて、工芸体験にまったく興味がないわたしは、たぶん、しないでしょうね。

最後に、「蛇喰渓谷」に再訪しました。

P1620027.jpgP1620029.jpgP1620032.jpgP1620038.jpgP1620039.jpgP1620076.jpgP1620078.jpgP1620084.jpgP1620085.jpgP1620091.jpgP1620095.jpgP1620102.jpgP1620137.jpgP1620148.jpgP1620160.jpgP1620162.jpgP1620168.jpgP1620169.jpgP1620176.jpgP1620189.jpgP1620205.jpgP1620208.jpgP1620212.jpgP1620217.jpgP1620223.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。