2016年12月14日

「トヨタiQで駐車すると斜めになる」ことへの対策

トヨタiQに乗って、1年3か月。
駐車のとき、どうしても斜めになってしまいます(ちなみに、セレナなどのときは、斜めになりません)。

その原因は以下。

・トヨタiQの全長がかなり短いので、独特な癖がある
・トヨタiQのサイドミラーが小さくて、駐車のとき、いちいち下げないと駐車場の線や車止めなどが見えない(わたし自身、サイドミラーに頼って駐車しています)

そこで――。

■対策1:後ろを向きながら駐車する

斜めになりにくいのですが、今度は「幅」がうまく調整できません(横幅は普通車並みなので…)。

バックの際の車幅感覚を身につければいいといえば、それまでですが、後部座席のヘッドレストが邪魔ですし、あと2年くらいしか乗らないですからねー

■対策2:ドアを開けて、真っ直ぐかどうか確認する

いま、これをしていますが、面倒で…。

■対策3:駐車のとき、サイドミラーを下げる

いちいち面倒ですし、サイドミラーを下げる暇がないことも多々あります。

■対策4:車用補助ミラーなどを付ける

・サイドミラーの下などに貼りつけるタイプ → 「ガソリンスタンドなどで洗車しにくくなる」「風圧で飛ばされると後続車の事故につながるかもしれない」
・サイドミラーに貼りつけるタイプ → 「案外おおきいようで、サイドミラーの視野が狭まるので嫌(慣れなのかもしれませんが、車線変更をたびたびするので…)」
・後付けのフェンダーミラー → コストがかかるようです。

で、車内にミラーをつければいいのでは、と思い、いろいろなところで試してみましたが、車内だと駐車場のラインや縁石はどうしても見えません。

そこで、苦肉の策。

今日、カメラの自分撮り用のミラーを貼り付けてみました(笑)

小さすぎてかなり見にくいですが、いちおう、後ろは見えます。
駐車の際に役立たなくて、明日あたりに撤去しているかもしれませんが(笑)、記事にしてみた次第です。

ETSUMI コンパクトカメラアクセサリー マジックミラー(セルフ撮影用) E-1831を購入します。350円くらいです。
・カメラで使っていたら2か月ほどで鏡面部分が剥がれて使い物にならなくなったため、ミラーのうえにセロテープをはりつけました。
・車用の強力両面テープで、サイドミラーにくっつけました。

■追記
結果ですが、ミラーの大きさの分だけ、役立っています。要は微妙ということですね(笑)

具体的には、ショッピングモールの駐車場のようにラインがはっきりわかるところだとミラーでなんとか見えますが、ミラーが小さいので駐車するときにまったく見えませんし、見ません。
駐車したあとで、じっくり見ると歪んでいるかどうかはわかりますが、ドアを開けて確認したほうがはやいかな、と。
とはいえ、まったく役立たないかといえばそうでもないので、そのままにしておく予定です。

■さらに追記
結局、取り外しました。やっぱ、役立たなかったです。

1.jpgP1530051.jpg
posted by 石崎秀穂 at 10:05| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。