スポンサード リンク


2016年10月09日

望遠ズーム LUMIX G VARIO H-FS100300のレビュー

望遠レンズが必要で「H-FS100300」を買いました。

100−300mmと、35mmに換算すると600mmの超望遠レンズ。
どのような感じで撮れるのか、試し撮りで埼玉県こども動物自然公園にいってきました!
※ちなみに、いずれも三脚なしで撮影しました。

14−42mmの「H-FS014042」の42mm側で撮影。
遠いですねー

1.jpg

100−300mmの「H-FS100300」だと以下の感じ。
近いですね!

2.jpg

14−42mmの「H-FS014042」の42mm側で撮影。

3.jpg

100−300mmの「H-FS100300」だと以下の感じ。

4.jpg

14−42mmの「H-FS014042」の42mm側で撮影。

5.jpg

100−300mmの「H-FS100300」だと以下の感じ。

6.jpg

14−42mmの「H-FS014042」の42mm側で撮影。

10.jpg

100−300mmの「H-FS100300」だと以下の感じ。

11.jpg

敷地内にマーラが放し飼いされていますが、遭遇!
100−300mmの「H-FS100300」で撮影。

8.jpg

マーラは近寄らないとあまり動かないので、三脚なしでも撮影できました。

9.jpg

100−300mmの「H-FS100300」で、カモを撮影。

12.jpg

100−300mmの「H-FS100300」で、うさぎを撮影。

13.jpg

というわけで、100−300mmの「H-FS100300」を使ってみた感想ですが、望遠や手ぶれなどは満足でしたが、やはり「重い」ですね。
もっとも、わたしはデジタル一眼レフを使ったことがないので、「デジタル一眼レフ+望遠レンズ」を使っているひとには、かなり軽く感じるのかもしれませんが。
※デジタル一眼レフはただでさえ重いのに望遠レンズをつけるとものすごく重くなるそうです。それに比べるとかなり軽いそうです。

で、昨日、動物以外を撮影してみました。
望遠レンズだと、かんたんに背景をボカせますね。

P1450947.jpg

三脚なし、花から離れた位置でも撮影できました。

P1450954.jpg

雨がふっていて、かつ、露出をさわらずに撮影したためなのか、それともF4.0-5.6のレンズのためなのか、すこし暗いですね。

P1450961.jpg

野鳥撮影を試みましたが、近づくと逃げていくので、ほとんど撮影できませんでした。
もっと望遠を撮影できるレンズが必要なのかもしれませんね。
もっとも、野鳥撮影の知識も興味もないので、コツさえ知っていればこのレンズでもうまく撮影できるのかもしれませんが。

P1460087.jpg

ピントをあわせるのに液晶画面をタッチしますが、重いので、タッチするのもすこし苦労します。

P1460071.jpg

やはり持ち歩くと重いですねー

P1460097.jpg

<レンズの詳細(amazonoのページ)>
パナソニック LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 H-FS100300

posted by 石崎秀穂 at 08:13| Comment(0) | カメラ・写真
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。