スポンサード リンク


2016年03月26日

古河歴史博物館、あしかがフラワーパークなど(茨城県、栃木県)

今日は「古河歴史博物館→鷹見泉石記念館→古河文学館→篆刻美術館→古河街角美術館→お休み処 坂長(以上、茨城県)→迫間自然観察公園→あしかがフラワーパーク(以上、栃木県)」でした。

まずは、前回、古河市に立ち寄った際に行くことができなかった博物館や美術館を見てまわりました。

つぎの3館の共通券が500〜600円で販売されています。

・古河歴史博物館…ふつうの博物館ですが、そこそこ見応えがありました。
・古河文学館…絵画などが展示されています。すぐに見終わると思いますが、趣のある建物でした。レストランが併設されています。
・篆刻美術館(てんこくびじゅつかん)…ハンコが展示されていますが、すぐに見終わると思います。趣のある建物だったので、カフェにすればいいのに、と思いました。

で、つぎの施設は入場料無料です。

・鷹見泉石記念館…古民家と庭を歩くことができます。古河歴史博物館の前にあります。
・古河街角美術館…いくつか絵画が展示されていましたが、すぐに見終わると思います。

つぎの施設は和食処のようですが、すこしだけ見学できるところがあります。

・お休み処 坂長

いずれも規模は小さいですが、いくつも見るところがあって、まとめて見学したら、結構、楽しかったです!
2時間は費やしたのではないでしょうか。

そして、すこしドライブしたあと、迫間自然観察公園にいきました。
迫間自然観察公園は、あしかがフラワーパークに隣接する湿地帯ですが、時期が悪く植物は枯れていました。ただ、今の時期でも散歩にいいかな、と思います。

最後に、あしかがフラワーパークにいきました。
あしかがフラワーパークは大藤の花で有名のようですが、チューリップをはじめ、さまざまな花が咲いていて綺麗でしたよ。
ちなみに、こういうところは高齢者が中心ですが、家族連れがたくさんいました。地方にいくとき、5〜10年後にどうなるか心配になるときもありますが、ここは大丈夫そうですねー

――古河に向かっているとき、空が真っ黒に染まっていました。よく見ると、どこかから黒煙がのぼっていて…。

「大規模な火事なのかな…」と心配になって篆刻美術館の受付の女の子に聞くと、渡良瀬遊水地にて葦焼きをしていたそうで。
古河市の街まで灰が飛んできていましたよ。

P1250575.jpgP1250605.jpgP1250638.jpgP1250647.jpgP1250654.jpgP1250663.jpgP1250677.jpgP1250678.jpgP1250679.jpgP1250689.jpgP1250694.jpgP1250701.jpgP1250722.jpgP1250832.jpgP1250842.jpgP1250849.jpgP1250863.jpgP1250900.jpgP1250950.jpgP3260044.jpgP3260052.jpgP3260077.jpg
posted by 石崎秀穂 at 21:08| Comment(0) | 遊び(博物館などの施設系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。