スポンサード リンク


2016年01月30日

セレナ(C26)に買い換えて1年。走行距離は25,550キロ

セレナ(C26)に買い替えて、1年が経ちました。
この1年の間に、おもにつぎの2つの目的、5〜6年間限定で中古のトヨタiQを導入しました(参考:セレナ(C26)の過走行の対策で中古のセカンドカー(iQ)を買うに至るまでの考え)。

<目的>
・車にかかるコストをおさえる
・少し便利にする

この1年の走行距離はつぎのようになりました。

<内訳>
・セレナ:走行距離23,100キロ(購入して1年)
・トヨタiQ:2,450キロ(購入して4か月)

今のペースで車に乗ると、トヨタiQを導入したことで――。

・少し便利になった
・月額1万円弱のコスト増(トヨタiQの維持費すべて込み。ただし、突発的な修理代は除く)

少しは便利になりましたが、コストダウンどころか逆にコストアップ。
「何のためにトヨタiQを導入したんだ」という話になりますが、月額1万円弱くらいのコスト増なので、まあいいかな、とも。

トヨタiQに乗っていると、よく強引に割り込みされたり(一車線だけが長蛇の列になっている渋滞のとき、わざわざ、前に割り込んでくる車が結構います)、その他イラっとさせられることもありますし、乗り心地もイマイチですが、近距離だと便利ですし、運転もそこそこ楽しいですしねー

どうでもいい話――。

・動物の世界では大きな生物は襲われにくい → 大きな車だと強引に割り込みされたりイラッとさせられる機会が少ない
・動物の世界では毒々しい色だったり、ぴかぴかした生物は襲われにくい → DADのステッカーがはってあったり、宇宙船みたいに青の光がぴかぴかしていたりする車だと強引に割り込みされたりイラッとさせられる機会が少ない
・動物の世界では小さな生物は襲われやすい → トヨタiQのような小さな車だと、強引に割り込みされたり、イラッとさせられる機会が多い

P1460242.jpg
posted by 石崎秀穂 at 19:44| Comment(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。