スポンサード リンク


2018年07月30日

埼玉県のじゃぶじゃぶ池をめぐる旅 〜 第五弾は「城山公園」

北本市子供公園のあと、「城山公園」にいきました。
車で10分くらいですかね。

■水質:ふつう。ただ、どういう水を使っているのかの情報はありません。
■雰囲気:噴水、小川、ちいさな池の3つの部分があります。

※噴水
1.jpg

※噴水の水は高くあがります。
2.jpg

※小川
3a.jpg

※ちいさな池
4.jpg

■規模:それほど広くありません。
■遊び:噴水は高くあがるので、噴水の近くにいくと、びしょ濡れになって盛り上がるかもしれません。池の部分では水着姿の子どもが顔をつけながらバシャバシャしていました。そのほかでは水鉄砲で遊ぶ子供たちがいました。子供が小さい場合は、砂場セットのうち、ジョウロウ、バケツを持っていくといいかもしれません。
■アドバイス:
・バーベキュー広場ができて駐車場が新設されたようです。BBQ広場の駐車場に停めると、じゃぶじゃぶ池まで歩かなくて済みます。
・子どもは、直射日光を避けるために「帽子」は必須です。
・親は、日を遮るところもありますが、先客がいると思うので、サンシェードがあったほうがいいと思います。
・車ですこし走ればショッピングモールなどがあります。

3a.jpg

じゃぶじゃぶ池の「基本」です。

・日よけ、着替えにサンシェードはあったほうがいいです。
・幼児の場合は砂遊びセットがあったほうが盛りあがります。100均やホームセンターでも売っています。
・幼稚園児から小学生低学年の場合は水鉄砲があれば盛りあがります。100均にもありますが、ネットやホームセンターにある本格的な水鉄砲をお勧めします。

<注意事項>
・幼児の場合、ふつうのオムツ禁止のところが多いです。水遊びできるオムツを買いましょう。ドラッグストアで売っています。
・サンダルなどの履物は必須です。子供はキッズシューズ ベビー サンダルのように、紐で固定できるものにしたほうがいいです。
・水着姿で遊んでいる子供たちもいますが、公園によります。水質がよさそうな、じゃぶじゃぶ池だと水着のほうが盛りあがります。
・水分をとれるように水筒などを持っていきましょう。
・公園のベンチは空いていることのほうが珍しいので、サンシェードで陣地をつくりましょう。
・ペットは禁止です。
posted by 石崎秀穂 at 18:06| Comment(0) | 遊び(じゃぶじゃぶ池)

埼玉県のじゃぶじゃぶ池をめぐる旅 〜 第四弾は「北本市子供公園」

朝一で「北本市子供公園」にいきました。

■水質:かなり微妙。ただ看板には「水道水を循環」と書いていますし、水着姿で顔をつけてバシャバシャしている子供たちがいたので、大丈夫でしょう!

※水質がわかる写真
1.jpg

※注意書き
2.jpg

■雰囲気:そこそこ広いです。「棚田」みたいなところからはじまって、蛇行した「小川」、そして最後は「池」という定番のじゃぶじゃぶ池です(たとえが、おっさん 笑)。

※全景
3.jpg

※棚田みたいなところ。
4.jpg

※蛇行した小川
5.jpg

※池
6.jpg

※先ほどの全景とは反対側からの写真
7.jpg

■規模:そこそこ広いです。
■遊び:池の部分では水着姿で遊ぶ子供がいました。顔をつけてバシャバシャしたり、ハイイロゲンゴロウをとったりしていました。そのほかでは水鉄砲で遊ぶ子供たちがいました。子供が小さい場合は、砂場セットのうち、ジョウロウ、バケツを持っていくといいかもしれません。
■アドバイス:
・平日は大丈夫だと思いますが、休日は駐車場が混むと思います(たぶん)。その場合はすこし離れた空き地にみえる駐車場(「石戸蒲ザクラ」の駐車場)に停めるといいかもしれません(停めてはいけないかもしれませんが、停めている人がたくさんいます)。
・子どもは、直射日光を避けるために「帽子」は必須です。
・親は、日を遮るところもありますが、先客がいると思うので、サンシェードがあったほうがいいと思います。
・車ですこし走ればマクドなどがありますし、北本駅までいけば何か食べるところがあります。
・真夏は暑いので、遊ぶ子供たちはすくないかもしれませんが、子供たちが喜ぶ大型遊具もあります。ローラー滑り台もあります。小動物もいます。あわせて遊ぶといいかもしれません。

8.jpg

じゃぶじゃぶ池の「基本」です。

・日よけ、着替えにサンシェードはあったほうがいいです。
・幼児の場合は砂遊びセットがあったほうが盛りあがります。100均やホームセンターでも売っています。
・幼稚園児から小学生低学年の場合は水鉄砲があれば盛りあがります。100均にもありますが、ネットやホームセンターにある本格的な水鉄砲をお勧めします。

<注意事項>
・幼児の場合、ふつうのオムツ禁止のところが多いです。水遊びできるオムツを買いましょう。ドラッグストアで売っています。
・サンダルなどの履物は必須です。子供はキッズシューズ ベビー サンダルのように、紐で固定できるものにしたほうがいいです。
・水着姿で遊んでいる子供たちもいますが、公園によります。水質がよさそうな、じゃぶじゃぶ池だと水着のほうが盛りあがります。
・水分をとれるように水筒などを持っていきましょう。
・公園のベンチは空いていることのほうが珍しいので、サンシェードで陣地をつくりましょう。
・ペットは禁止です。
posted by 石崎秀穂 at 17:38| Comment(0) | 遊び(じゃぶじゃぶ池)

2018年07月27日

巾着田は定番の川遊び場!!!

今日は、巾着田にいってきました。
巾着田といえば曼珠沙華ですが、河原でつぎのことができます。

・川遊び! 川の水はそこそこ綺麗!
・BBQ!
・デイキャンプ!
※駐車場代が500円かかります。

川は浅いところが多いですが、腰の深さくらいのところもあります。
※雨量が多いときは川幅が広く深いところもありますが、少なければどこも浅いです。自然の川ですからね。ちなみに今日はどこも浅かったです。

子どもはつぎのことをして遊んでいます。

・網を片手に川の生き物を捕まえる!
・浮き輪で遊ぶ!
・水鉄砲で遊ぶ!

で、たいはんは、水着姿。
ちいさな子どもは、砂場セットを持って行って遊ぶと盛り上がるかもしれませんねー
※着替えるところはありませんので、車中やサンシェード・テントで着替えることになります。

というわけで、BBQのセット、サンシェードやテントを持って、巾着田へ!!!
楽しい時間を過ごせると思いますよ。

ちなみに、ゴールデンウィークのようにBBQの時期は臨時駐車場も満車、河原は人、人、人!!!となります。
で、去年の話ですが、真夏の休日も満車になります。
平日はガラガラですけどね(今日もガラガラでした)。

P1130426.jpgP1130456.jpgP1870856.jpgP1870857.jpgP1870858.jpgP1870859.jpgP1870861.jpgP1870907.jpgP1870908.jpgP1870909.jpgP1870916.jpgP1870918.jpgP1870919.jpgP1870933.jpgP1870946.jpgP1870953.jpgP1870991.jpgP1870993.jpgP1870998.jpg
posted by 石崎秀穂 at 16:22| Comment(0) | 遊び(川遊び)

2018年07月26日

埼玉県のじゃぶじゃぶ池をめぐる旅 〜 第三弾は「大宮花の丘農林公苑」

市民の森のあとに訪れました。

■水質:微妙。ただ、定期的に塩素を投入しています。今日も「塩素を投入→濃度を調べる」に遭遇したのでバイキンの心配はなさそうですし、水着姿の子どももいるので大丈夫でしょう!たぶん。

※注意書き
7.jpg

※こんな感じで塩素をいれた容器があります。
8.jpg

■雰囲気:だだっ広い、そして雰囲気のいい幼児プールという感じでしょうか。浅いです。また、噴水などの仕掛けはありません。

※こんな感じです。
2.jpg

※雰囲気はいいです。
4.jpg

※駐車場が近いので便利です。
3.jpg

※浅いです。
5.jpg

■規模:広いです。
■遊び:水着姿で浮き輪を持参、水鉄砲で遊ぶ子供5人組がいました。めちゃくちゃ生き生きしていましたよ! 子供が小さい場合は、砂場セットのうち、ジョウロウ、バケツを持っていくといいかもしれません。

6.jpg

■アドバイス:
・日を遮るものがありません。直射日光を避けるために「帽子」は必須です。
・数本パラソルがあってその下にレジャーシートを敷くと日よけになります。平日は大丈夫そうですが、休日はパラソルの下はすぐに埋まるかもしれません。
・車ですこし走れば埼玉の都心部にいけます。都心部ちかくにはご飯を食べるところがたくさんあります。

1.jpg

じゃぶじゃぶ池の「基本」です。

・日よけ、着替えにサンシェードはあったほうがいいです。
・幼児の場合は砂遊びセットがあったほうが盛りあがります。100均やホームセンターでも売っています。
・幼稚園児から小学生低学年の場合は水鉄砲があれば盛りあがります。100均にもありますが、ネットやホームセンターにある本格的な水鉄砲をお勧めします。

<注意事項>
・幼児の場合、ふつうのオムツ禁止のところが多いです。水遊びできるオムツを買いましょう。ドラッグストアで売っています。
・サンダルなどの履物は必須です。子供はキッズシューズ ベビー サンダルのように、紐で固定できるものにしたほうがいいです。
・水着姿で遊んでいる子供たちもいますが、公園によります。水質がよさそうな、じゃぶじゃぶ池だと水着のほうが盛りあがります。
・水分をとれるように水筒などを持っていきましょう。
・公園のベンチは空いていることのほうが珍しいので、サンシェードで陣地をつくりましょう。
・ペットは禁止です。
posted by 石崎秀穂 at 21:02| Comment(0) | 遊び(じゃぶじゃぶ池)

さいたま市りすの家と見沼緑道!

今日はまずは「市民の森・見沼グリーンセンター」にいきました。

まず、「市民の森・見沼グリーンセンター」ですが、「森」とあって外見は森ですが、つぎのものがある「公園」です。

・芝生広場、花壇など
公園によくありますね。芝生広場は広いです。

・りすの家(無料)
動物園でいうなら、バードケージですかね。巨大なケージに、たくさんのりすが放し飼いされています。

・植物園(無料)
リニューアルのための工事中みたいです。

・見沼グリーンセンター
市の施設ですかね。

で、道路を挟んで向かいに「見晴らし公園」があります(詳しく書くと「見沼緑道」という緑道でつながっています)。
その隣に「土呂の自然の森」という小さな森があります。

というわけで、今日ですが、まずは芝生広場でぶらぶらしたあとに「りすの家」にいきました。
望遠レンズだったので、りすのドアップ!

その後、緑道を通って、「見晴らし公園」にいきました。
見晴らしもあまりよくない、単なる「風車がトレードマークの」公園でしたね。

真夏なので、暑くてウォーキングどころではなかったのですが、それでも緑道をウォーキングしたら楽しそうと思いました。
もちろん、ウォーキングしませんでしたが。
というわけで、りすを見に来たり、芝生広場で遊んだり、秋にウォーキングに来たりするといいかもしれません。

その後、じゃぶじゃぶしようと「大宮花の丘農林公苑」にいきました。

<続く>
1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg5.jpg6.jpg7.jpg10.jpg11.jpg12.jpg13.jpg14.jpg
posted by 石崎秀穂 at 20:42| Comment(0) | その他

2018年07月25日

野田市のひまわりの里は、ほぼ全滅…。

あしかがフラワーパークのあと、車を走らせて野田市にある「ひまわりの里」にいきました。

ここ、インスタ映えするのですよねー
※インスタ、やったことありませんが 笑

しかも、ひまわりを摘み放題!

たくさん写真を撮ろうと思いながら、現地にいくと…。

ほぼ全部、枯れてるやん…。

1.JPG

去年はここからの風景、よかったのですけどねー
しょんぼり。

2.JPG

31日までで25日と終了間際ですが、昨年は「7月の三連休」でも、ひまわりは十分に咲いていたので、猛烈に暑い日が続いた影響ですかね。

ただ、場所を選べばかろうじて咲いているところもありました。

3.JPG

ちいさな、ひまわりは花摘みできそうでした。

4.JPG

今週末はまだ終了前。
でも、もちろんお勧めできません。

5.JPG

※ひまわりの里には駐車場はありません。昨年、観光協会に電話して聞いてみたら「路駐してください」とのこと。道は細いですが、ところどころ路駐できそうなスペースもありますし、行き止まりの道などにも路駐できます。
posted by 石崎秀穂 at 19:54| Comment(0) | 遊び(花摘み、花見)

幼稚園児、小学生低学年には「足利フラワーパーク」での水遊びがお勧め!!!

今日は「足利フラワーパーク」にいきました。
藤の花で有名な植物園ですが、真夏には「ちょっとした」水遊び場ができます。

もし、幼稚園児から小学生低学年までの子どもがいるのならば、そのなかの「ウォーターキャノン砲」がお勧め!

ボタンを押すと、「プシュー」と噴水がふきあがり、雨のように水が落ちてくるだけのものですが、子どもたちは楽しそう!

びしょ濡れになりますけどね 笑

で、ウォーターキャノン砲を囲むように椅子が配置されているので、親はそこから見守ることができます。

1.jpg

しかも!

子どもの着替えもできます(子どものための更衣室があります)。

2.jpg

なかはこんな感じ。

3.jpg

常連の子どもは水着姿。
はじめてのひとの子どもは、びしょ濡れ。

常連かはじめてか、一発でわかります 笑

水遊びのあとは、カブトムシやクワガタがすこしですが展示されているので、見るといいですよ。

4.jpg

週末には、昆虫とふれあえるようです。たぶん。

5.jpg

カメとも、ふれあえます。

7.jpg

ザリガニ釣りもできます(有料)。
ザリガニ釣りは、田んぼの水路で釣ったほうが楽しいですが、ここは清潔なので「ママ」にいいのではないでしょうか。

6.jpg

あとは金魚すくいもできますし、入口にプチ縁日もあります(いずれも有料)。

8.jpg

ちなみに、疲れたら、藤ソフトクリームで一服!
レストランもあります。

P1870600.jpg

至れり尽くせりですねー

これで入園料は大人300円、子供100円。
しかも、チケットが割引券になっていて、次回は200円引き。
つまり、リピートすれば、大人100円、子ども無料ですね 笑
※ここの入園料は時期によって変動します。正確な料金は公式サイトをご覧になってください。

「足利フラワーパークのためだけに東北道に乗ってわざわざ」という遊び場ではないですが、近くのひとや、ほかにもどこか行くところがある場合はお勧めです!
※車だと羽生が近いので「さいたま水族館」「羽生水郷公園」とあわせてまわると遠方からでも来る価値があるかもしれません。

で、今日は、その後、車を走らせて野田市の「ひまわりの里」にいきました。

<続く>
posted by 石崎秀穂 at 17:03| Comment(0) | 遊び(その他の水遊び)

2018年07月15日

埼玉県のじゃぶじゃぶ池をめぐる旅 〜 第二弾は「上谷総合公園」

第二弾は「上谷総合公園」!
今日訪れたのですが――。

■水質:綺麗です。昨年は塩素を投入しているのも見ました(今年は未確認です)。
■雰囲気:人口のながーーい「小川」、最終地点はちいさな「池」。幼児が喜ぶ「ちいさな噴水」もあります。
■規模:広いです。
■遊び:小川の部分では砂場セットのうち浮かぶものを流して遊び、ちいさな噴水で遊び、ちいさな池の部分では水着で遊ぶといいと思います。水鉄砲で遊ぶのもいいです。大型遊具があるので(逆をいえば大型遊具しかありません)、大型遊具で遊んで暑くなればじゃぶじゃぶ池へ、でも楽しめると思います。
■アドバイス:
・日を遮るものがありません。直射日光を避けるために「帽子」は必須です。同じ理由で「サンシェード」があったほうがいいです。
・球場がメーンの公園なので、土日祝で少年野球があるときなどは駐車場は埋まりますが、奥にいけば停められることがあります(ただ、かならずしも停められるわけではないので、朝早い時間にいったほうがいいかもしれません)。
・埼玉県南部からだと、高速を使わなくても「122号→77号→右手にセブンイレブンがある交差点を直進、そのまま線路の下の道へ」だと、はやく着きます。
・鴻巣駅、桶川駅などが案外ちかいので、ご飯はサンシェードで食べるか、鴻巣駅、桶川駅などで食べるといいかもしれません。

じゃぶじゃぶ池の「基本」です。

・日よけ、着替えにサンシェードはあったほうがいいです。
・幼児の場合は砂遊びセットがあったほうが盛りあがります。100均やホームセンターでも売っています。
・幼稚園児から小学生低学年の場合は水鉄砲があれば盛りあがります。100均にもありますが、ネットやホームセンターにある本格的な水鉄砲をお勧めします。

<注意事項>
・幼児の場合、ふつうのオムツ禁止のところが多いです。水遊びできるオムツを買いましょう。ドラッグストアで売っています。
・サンダルなどの履物は必須です。子供はキッズシューズ ベビー サンダルのように、紐で固定できるものにしたほうがいいです。
・水着姿で遊んでいる子供たちもいますが、公園によります。水質がよさそうな、じゃぶじゃぶ池だと水着のほうが盛りあがります。
・水分をとれるように水筒などを持っていきましょう。
・公園のベンチは空いていることのほうが珍しいので、サンシェードで陣地をつくりましょう。
・ペットは禁止です。

P1870326.jpgP1870341.jpgP1870349.jpgP1870331.jpgP1870318.jpgP1870320.jpgP1870330.jpgP1870319.jpgP1120155.jpgP1120154.jpg
posted by 石崎秀穂 at 14:59| Comment(0) | 遊び(じゃぶじゃぶ池)

埼玉県のじゃぶじゃぶ池をめぐる旅 〜 第一弾は「大崎公園」

今年の夏は、「じゃぶじゃぶ池」をめぐろうと思っています!

第一弾は「大崎公園」!
昨日訪れたのですが――。

■水質:公園のひとが網でゴミをすくっているので、汚いという感じはしないですね。

P1120117.jpg

■雰囲気:人口の小川という感じでしょうか。

P1120102.jpg

■規模:そこそこ長いです。

P1120082.jpg

■遊び:遊びの要素はありません。じゃぶじゃぶするだけですが、水着を着ている子供、水鉄砲で遊んでいる親子は楽しそうでした。芝生広場、大型遊具、小動物園で遊んで、暑くなればじゃぶじゃぶ池へ、がいいかな、と思います。

■アドバイス:
・日陰なので遊ぶのにはいいのですが、「蚊」が多いです。虫よけは必須です。
・公園の規模に見合わないほど広大な駐車場がありますが、大崎公園には小動物園、大型遊具、芝生広場、釣り池などもあって、家族連れに人気なので、朝早い時間にいったほうがいいかもしれません。
・車で15分くらいですかね。美園駅近くに「イオンモール美園」があるので、あわせてまわるといいと思います。休日は混んでいますけどね。

じゃぶじゃぶ池の「基本」です。

・日よけ、着替えにサンシェードはあったほうがいいです。
・幼児の場合は砂遊びセットがあったほうが盛りあがります。100均やホームセンターでも売っています。
・幼稚園児から小学生低学年の場合は水鉄砲があれば盛りあがります。100均にもありますが、ネットやホームセンターにある本格的な水鉄砲をお勧めします。

<注意事項>
・幼児の場合、ふつうのオムツ禁止のところが多いです。水遊びできるオムツを買いましょう。ドラッグストアで売っています。
・サンダルなどの履物は必須です。子供はキッズシューズ ベビー サンダルのように、紐で固定できるものにしたほうがいいです。
・水着姿で遊んでいる子供たちもいますが、公園によります。水質がよさそうな、じゃぶじゃぶ池だと水着のほうが盛りあがります。
・水分をとれるように水筒などを持っていきましょう。
・公園のベンチは空いていることのほうが珍しいので、サンシェードで陣地をつくりましょう。
・ペットは禁止です。

posted by 石崎秀穂 at 14:44| Comment(0) | 遊び(じゃぶじゃぶ池)

2018年07月14日

裏道でも渋滞。そして不安ですぐに帰宅…。

今日は、じゃぶじゃぶ池をめぐろうと思っていたのですが、大渋滞。

裏道も渋滞。

そして「鍵を閉めたっけ…」と不安になってきて…。

当初の予定はキャンセル。
比較的ちかい「大崎公園」のじゃぶじゃぶ池にいきました。

今日からなので、じゃぶじゃぶ池に水を流しているところでしたし、まだ朝早かったのですが、暑いからか、結構、家族連れがいましたよ。
で、幼児たちが楽しそうに遊んでいました。

しかし、鍵を閉めたかどうか、不安が膨れ上がっていき…。

帰宅しました 笑
そして、鍵はかかっていました 笑
ほんと、年ですねー

いろいろと準備したのですが、まあ、仕方がないですねー

ちなみに、大崎公園のじゃぶじゃぶ池は、単に流れがあるだけで噴水とかないので、水鉄砲(小学生低学年)、おもちゃのジョウロ(幼児)とかあったほうが盛り上がるかもしれませんね。
まあ、飽きれば芝生広場で遊んで、暑くなればじゃぶじゃぶ池で涼んで、とすればいいのでしょうけどね。

P1120075.jpgP1120077.jpgP1120080.jpgP1120082.jpgP1120083.jpgP1120084.jpgP1120094.jpgP1120096.jpgP1120097.jpgP1120102.jpgP1120103.jpgP1120104.jpgP1120117.jpg
posted by 石崎秀穂 at 10:34| Comment(0) | その他