2018年10月16日

小物釣りをしたいひとに向けた記事を作成!

小物釣りをはじめたいひとに向けて、小物釣りで必要な釣り具、仕掛けのつくり方、エサのつけかた、釣りの基本を解説している記事をつくりました!

いやー、
案外、たいへんだった。
というわけで、長文です。
これで誰でも小物釣りをはじめられる、はずです!

小物釣りをはじめたいひとへ。必要な釣り具、仕掛けのつくり方、エサのつけかたを丁寧に解説

posted by 石崎秀穂 at 13:58| Comment(0) | お知らせ

2018年10月15日

イイナパーク川口の「ふわふわドーム」にいくのならば仮設の駐車場へ!

半年前に「イイナパーク川口」にいきましたが、ふと「工事は進んでいるかなー」と思って、今日、久しぶりにいってみました!

結果は、工事は進んでおらず、今日も、幼児たちが、ふわふわドームで楽しそうに遊んでいました。
「帰るよ? → 帰らない」の声が聞こえてきましたし 笑
何が楽しいのか、オッサンのわたしには、さっぱりわかりません。

これにあと、大型遊具やネットツリーとかがあって、池で釣りでもできれば、いい公園になるのですけどねー(よくばり)

ちなみに、今日は、車を走らせていると最初にでてくる駐車場ではなく、そのすこし先にある仮設の駐車場のほうに車を停めてみました。こちらだと「ふわふわドーム」までそれほど歩かなかったので、ふわふわドームで遊ぶ場合は、仮設の駐車場のほうですねー
※イイナパーク川口は9時から17時までのようです。貼り紙がありました。

P1010548.jpgP1010551.jpgP1010563.jpgP1010562.jpgP1010550.jpgP1010564.jpgP1010621.jpgP1010573.jpgP1010806.jpg
posted by 石崎秀穂 at 15:46| Comment(0) | 遊び(遊具がある公園)

「釣り未経験者。でも、子どもと一緒に釣りをしてみたい」というひとにお勧めのページを作成!

・釣り未経験者。
・子どもと一緒に釣りをしてみたい。
・カップルで釣りもしてみたい。でも「お金がかからない」「できるだけ手が汚れない」のがいい。
・田舎で、のんびり折り畳み自転車で散策しつつ、釣りもしてみたい。

そういうひとたちにお勧めなのが「小物釣り」です。
で、小物釣りの記事を書きはじめていますが、第一弾の記事ができました。
※仕掛けのつくりかた、エサのつけかたについては後日記事にします。

小物釣りとは? 釣れる魚から釣り場までを紹介!

涼しくなってきたので、そろそろ小物釣りのデビューのチャンス!
家族で、カップルで、独りで、小物釣りをしてみましょう。
きっと楽しいですよー

posted by 石崎秀穂 at 06:53| Comment(0) | お知らせ

2018年10月14日

「川の生き物を捕まえるコツ」をまとめました!

川遊びをしていると、子どもと一緒に川の生き物さがしをしている親を見かけます。

微笑ましいですよねー!

が、うまく川の生き物を探せないかたも多くて、わたしの水槽を見て驚くひともいます。
そこで、以前、このブログにて川の生き物を捕まえるコツを記事にしましたが、記事が分かれていたので1つの記事にまとめました!
これを読めば、ガンガンに川の生き物を捕まえられるようになって、子どもに「パパ、ママってすごい!」と言われますよー

川遊びのときに知っておきたい「川の生き物を捕まえる4つの方法」

ただ、もう川遊びのシーズンではないので、来年の夏ですねー

ついでに埼玉を遊び尽くす!のページを更新しました。

で、いまは釣り未経験者を対象にした「小物釣り」の記事を書いています。
家族、カップルで小物釣りすると楽しいですよ!
何より、一度釣り具をそろえれば、あとは、ほとんどお金がかからないですしね。

posted by 石崎秀穂 at 11:00| Comment(0) | お知らせ

2018年10月13日

小さな子どもがいる親にお勧め!「ザリガニ釣りの基本とコツ」の記事を書きました!

「小さな子どもがいる。ザリガニ釣りをしたら喜ぶだろうけど、やりかたがわからない…」
「ザリガニ釣りをしたことがない。一回やってみたいけど、どうやっていいか…」
「ザリガニ釣りをしたけど、全然、釣れなかった…」
「子どもと一緒に遊びたいけど、お金がかかるのはちょっと…」

こういうひとたちに向けて、ザリガニ釣りの基本とコツの記事を書きました!
300円あれば、はじめられます。

ザリガニ釣りをはじめよう!ザリガニ釣りの基本を丁寧に解説!

posted by 石崎秀穂 at 14:13| Comment(0) | お知らせ

2018年10月12日

「埼玉県で遊び尽くす」のページをきちんとつくりなおしました!

埼玉県で遊び尽くすのページですが、きちんとつくりなおしました。
カップルと家族連れにお勧めのページです。
ちなみに、時間があれば、またつくりなおそうと思っています。

posted by 石崎秀穂 at 21:59| Comment(0) | お知らせ

2018年10月09日

DMC-GX7MK2の性能をDMC-GF5と比較してみた。

(動物園なので)望遠レンズをつけて、設定は面倒なのでインテリジェントオートで、DMC-GF5(1210万画素、2012年)と、DMC-GX7MK2(1600万画素、2016年)を比較してみました。

まずは、DMC-GX7MK2の写真。

MK21.jpg

つぎに、DMC-GF5の写真。

P1920673.jpg

そして、DMC-GX7MK2の写真。

MK22.jpg

最後に、DMC-GF5の写真。

P1920691.jpg

わたしには違いがわかりませんでした。
確かに画素数はかなりちがいますが、そんなに写真を引き伸ばす機会ってないですからねー

しかし!

使い勝手が天と地ほどちがいました。
DMC-GX7MK2の圧倒的勝利。
カメラ好きのひとたちの評価が高いカメラって、ほんと、使いやすいです。

posted by 石崎秀穂 at 17:41| Comment(0) | カメラ・写真

「埼玉県こども動物自然公園」は平日なのに休日並みに混雑。

今日は、かなり久しぶりに「埼玉県こども動物自然公園」にいってきました!

「平日なので、ひとが少なくて、のんびりできるかなー」と思っていましたが、休日並みに混雑。
「なぜ?」とずっと考えていましたが、わかりました。

運動会の代休ですねー
しかも、月曜が祝日の場合、その翌日は休園日の動物園が多い、すなわち、今日は埼玉県こども動物自然公園くらいしかいくところがなかったので、ひとが集中したのかもしれないですねー

で、動物を撮りながらDMC-GX7MK2の性能をみてみました。

<続く>

P1010416.jpgP1010432.JPGP1010493.jpgP1010528.jpgP1010480.jpgP1920661.jpgP1920646.jpgP1920673.jpgP1920679.jpgP1920690.jpg
posted by 石崎秀穂 at 16:47| Comment(0) | 遊び(博物館などの施設系)

日光観光の特集ページをリニューアルしました。

日光観光の特集ページをリニューアルしました。
世界遺産なので、行ったことがなければ、ぜひ。

posted by 石崎秀穂 at 06:38| Comment(0) | お知らせ

2018年10月08日

日本に旅行にきたアジア人の悲劇(笑)まであと一歩のところ!

干潟で生き物さがしをしていたら、アジア人、おそらく中国人が数人いるのが見えました。
このひとたち、ふつうの服装だったのですが、靴を脱いでじゃぶじゃぶと干潟の奥まで歩いていきました。
旅先だとテンションがあがりますよねー
わかります。

で、みんなでポーズをとってスマホで撮影しているのが見えました。

P1040963.jpg

「『靴が砂まみれになるじゃん』『タオル、持ってなさそうじゃん』などと思うのは、年をとった証拠だよなー 若いっていいよなー」と思いつつ、まわりを撮影しつつ、生き物さがしをしていました。

で、すこしして、帰ろうと思って歩いていると――。

P1040982.jpg

う、うわー
流されていくぅーーー!

P1040983.jpg

靴を移動しないと…。
でも、移動するだけではダメだ…。
満ち潮なので、あのひとたちに教えないといけないけど言葉がわからないので何と言っていいのか…。

何より、ここ数年、あまりに非常識なやつらと遭遇して「(わたしが)靴にいたずらをしていると思われたら、どうしよう」と、歪んだ発想をしてしまって…。

でも、体が動きました。
まずは、イチャモンをつけられないように証拠撮影 笑
で、流されていく靴を手にとって、靴を持ち上げながら、大声で「おーい!!!」と叫んでみました。

でも、なかなか気づかない。
その間も潮は満ちて靴がつぎつぎと流されていくので、靴を陸に戻しては靴を持ち上げて叫んでいると、ようやく気がついてくれて、やってきました。

で、片言で「ありがとうございました」と。

きっと、これが日本人なら「俺たちの靴に何をしたんだ!!! オマエが流したんだろ?」「余計なことをするな!」とキレられただろうなと思ってしまいました 笑
数年前まで、このようなことを思わなかったですし、「イチャモンをつけられないように証拠」とか思いつきもしなかったでしょうねー
というより、善意で何かするのにもイチャモンを意識するようになるって 笑

というわけで、引き潮のときは「陸」が現れていても、満ち潮になるとあっという間に「海」になります。
干潟ならば濡れるくらいで済みますが、磯遊びのときは要注意です。
みなさんも気をつけてくださいねー!

posted by 石崎秀穂 at 18:00| Comment(0) | その他